2017年度学会発表

2017-03-10

2017年度学会発表

国際学会

  1. Shib


国内学会

  1. *芝

2016年度学会発表

2017-03-10

2016年度学会発表

国際学会

  1. T. Tsukimura, F. Shibasaki, M. Shigenaga, T. Togawa, *H. Sakuraba. Anti-α-galactosidase A antibodies and serum-mediated inhibition in Fabry disease. 12th annual world symposium 2016.02.29-03.04 San Diego.
  2. *F. Shibasaki, K. Oboki, N. Kajiwara, Y. Tajima, N. Nomura, A. Sakurai, A. Ukaji, H. Azuma, M. Ogawa, D. Sadato, and T. Koide: Comprehensive Approach of Diagnostic Device Development through 3Ps Partnership. 14th IGAKUKEN International Symposium. IGAKUKEN Summit for Japan and Korea Science Leaders 2016. 2016.6.30-7.1 Tokyo.
  3. D. Sadato, K. Oboki, Li Chen,* F. Shibasaki:Shwachman-Bodian-Diamond syndrome protein promotes hypoxic response via interaction with Hypoxia-Inducible Factor 2α.  14th IGAKUKEN International Symposium. IGAKUKEN Summit for Japan and Korea Science Leaders 2016. 2016.6.30-7.1 Tokyo.
  4. N. Kajiwara, N. Nomura, A. Sakurai, M. Hashimoto, M. Kohara, Y. Sakoda, and *F. Shibasaki: Rapid Typing of Influenza Viruses Using Super High-Speed qRT-PCR. 14th IGAKUKEN International Symposium. IGAKUKEN Summit for Japan and Korea Science Leaders 2016. 2016.6.30-7.1 Tokyo.
  5. N. Nomura, A. Sakurai, N. Kajiwara, M. Hashimoto, Y. Sakoda, M. Kohara and *F. Shibasaki: Broad-Spectrum Detection of H5 Subtype Influenza A Viruses with a New Fluorescent Immunochromatography System. 14th IGAKUKEN International Symposium. IGAKUKEN Summit for Japan and Korea Science Leaders 2016. 2016.6.30-7.1 Tokyo.
  6. S. Nakano, Y. Tajima, T. Togawa, T. Tsukimura, *H. Sakuraba: Rapid Detection of Serum Anti-α-galactosidase A Antibodies in Fabry Patients after Enzyme Replacement Therapy. 14th IGAKUKEN International Symposium. IGAKUKEN Summit for Japan and Korea Science Leaders 2016. 2016.6.30-7.1 Tokyo.
  7. K. Oboki Y. Oya, F. Endo, and *F. Shibasaki: Action to Establish Municipal BioBank of Tokyo Metropolitan Hospitals. IGAKEKEN Summit、2016.6.30-7.1 Tokyo.

国内学会

  1. *芝崎 太:ランチョンセミナー「産学医連携による簡易子宮頸がんワクチン反応測定キットの開発」第39回日本分子生物学会年会 2016.11.30-12.2 横浜 (招待講演)
  2. *F. Shibasaki and T. Koide: Translational Research for Developing Novel Diagnostics for Influenza via TOBIRA, a Bio-Consortium3回アジア感染症会議2016 4.22-23 六本木アカデミー
  3. *芝崎 太:第46回日本神経精神薬理学会年会 都医学研発の神経精神薬理学のパラダイムシフト.シンポジウム座長 2016.7.2-7.3 ソウル
  4. 貞任大地:HIF-2α結合因子Int6欠損マウスの解析 第4回低酸素研究会2016.7.23 東京都
  5. 貞任大地, 早川英毅, 石兼 真, 細田洋司, 陳 リー, Alex Endler, 池田智明, *芝崎 太:ミニブタ心筋梗塞モデルへのInt6-siRNA誘導血管新生による新機能改善効果の検討. 第4回低酸素研究会 2016.7.23 東京
  6. 大保木啓介、小川美奈、東 瞳、平間千津子、貞任大地、*芝崎 太:次世代シークエンスによるがん組織中のウイルスの探索法. Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 20162016.9.30 大分
  7. 大保木啓介、小川美奈、東瞳、平間千津子、貞任大地、*芝崎 太:都立病院バイオバンクとがん遺伝子レポートの取り組み、Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 20162016.9.30 大分
  8. 梶原直樹、野村奈美子、宇梶麻紗子、貞任大地、小原道法、*芝崎 太:高病原性トリインフルエンザウイルスH5N1の新規感染機構、Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 2016 2016.9.29 大分県・日田市(デジタルポスターディスカッション)
  9. 貞任大地、小野富男、梶原直樹、宇梶麻紗子、楊麗英、*芝崎 太:HIF2a調節に関わる翻訳開始因子Int6/eIF3eは胎生期の翻訳、細胞増殖に必須である、Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 2016 2016.9.29 大分県・日田市(デジタルポスター)
  10. *芝崎 太:【講演】産学医連携による次世代Point of Care Testing (POCT) 技術の開発. 首都大バイオカンファレンス 首都大学国際交流会館、南大沢2016.11.18
  11. *芝崎 太、大保木啓介、梶原直樹、田島陽一、野村奈美子、宇梶麻紗子、東 瞳、平間千津子、小川美奈、貞任大地【ポスター】首都大バイオカンファレンス 首都大学国際交流会館、南大沢2016.11.18
  12. 田島陽一、梶原直樹、貞任大地、*芝崎 太:細胞融合により形成された異種間融合細胞癌細胞による癌増悪化への関与。第39回日本分子生物学会年会 2016.12.1. 横浜
  13. 大保木啓介、小川美奈、東 瞳、平間千津子、貞任大地、重本和宏、藤田泰典、中村清吾、桑山隆志、垂野香苗、岡本高宏、堀内喜代美、尾身葉子、木村公則、大澤陽介、比島恒和、堀口慎一郎、田辺直人、*芝崎 太:次世代シークエンスによるがん組織中のウイルスの探索、第36回日本分子生物学会2016.12.1. 横浜
  14. 梶原直樹、野村奈美子、宇梶麻紗子、貞任大地、小原道法、*芝崎 太:高病原性トリインフルエンザウイルスH5N1のシアル酸非依存的感染機構、第39回日本分子生物学会 2016.11.30 神奈川県・横浜市(ポスター)
  15. 田島陽一、梶原直樹、貞任大地、*芝崎 太:細胞融合により形成された異種間融合癌細胞による癌増悪化への関与、第39回日本分子生物学会 2016.12.1 横浜(ポスター)
  16. 貞任大地、小野富男、宇梶麻紗子、楊 麗英、*芝崎 太:HIF2a調節に関わる翻訳開始因子Int6/eIF3eは胎生期の翻訳、細胞増殖に必須である 第39回日本分子生物学会年会 2016.11.30-12.2 横浜
  17. 貞任大地、早川英毅、石兼真、細田洋司、陳リー、Alex Endler、池田智明、*芝崎太:ミニブタ心筋梗塞モデルへのInt6-siRNA誘導血管新生による心機能改善効果の検討. 第39回日本分子生物学会年会 2016.11.30-12.2横浜
  18. *芝崎 太:ランチョンセミナー「産学医連携による簡易子宮頸がんワクチン反応測定キットの開発」第39回日本分子生物学会年会 2016.11.30-12.2 横浜 

2015年度学会発表

2017-03-10

2015年度学会発表

国際学会

  1. Kajiwara N, and *Shibasaki F. High performance diagnostics for influenza. 2015 TEPIK International Influenza Symposium. 2015.4.9, Seoul, Korea(招待講演)
  2. Togawa T, Shibasaki F, Tsukimura T, and *Sakuraba H: Immunochromatography-based rapid detection of serum anti-α-galactosidase A antibodies in Fabry patients after enzyme replacement therapy. 4th Update on Fabry Nephropathy. 2015.06. 1-2, Manchester UK
  3. *Shibasaki F, Nakano S, Tsukimura T, Togawa T, and Sakuraba H; Rapid Evaluation of Serum Anti-α-galactosidase A Antibody in Fabry Patients by Immunochromatography-based Assay. The 3rd Asian Congress for Lysosomal Storage Disease ScreeningAsia Congress for LSD Screening2015.6.19, Tokyo.
  4. Tishihiro Yoshizawa, Masaaki Saito, Fumiko Iwata(Endo), Futoshi Shibasaki: Relationship between cerebrospinal fluid biomarkers and parahippocampal atrophy evaluated with a voxel-based specific regional analysis system developed for the study of Alzheimer’s disease (VSRAD). Neuroscience 2011, 2011.11.12-16. Washington DC, USA.

国内学会

  1. Shibasaki F: Development of Point of Care Testing Technology in Public Private Partnership. 2015.10.07メルク主催診断セミナー 東京(招待講演)
  2. 大保木啓介、小川美奈、大屋友紀、遠藤典子、佐々木まり子、芝崎太:都立病院バイオバンク構想、CBSM 2015、2015.7.1-2 福島・那須白河(ポスター)
  3. Kajiwara N. High performance diagnostics for influenza. Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 2015 2015.7.2 福島県・西白河郡(口頭発表)
  4. 遠藤典子、田畑務、川村眞智子、芝崎太:Development of the simple and easy immunochromatographic method for detecting the serum HPV-16/-18 antibodies. 第74回日本癌学会学術総会 2015.10.8-10 名古屋(ポスター)
  5. 芝崎 太、中野早知栄、小林行治、兎川忠靖、月村考宏、櫻庭 均:Fabry病診断のための高感度・簡易測定系の開発 臨床遺伝学公開シンポジウム2015.03.12 東京
  6. Sadato D, Oboki K, Chen L, and *Shibasaki F; Shwachman-Bodian-Diamond Syndrome Protein Promotes Hypoxic Response via Interaction with Hypoxia-Inducible Factor 2α.低酸素研究会 2015.07.25, 東京(ポスター)
  7. *Shibasaki F, Sadato D, Chen L, and Endler A; Functional Angiogenesis and Tissue damage Protection through HIF2a pathway regulated by Int6/eIF3e. 低酸素研究会 2015.07.25, 東京(ポスター)
  8. 月村考宏、田中利絵、大塚智子、志賀智子、末岡英明、芝崎 太、兎川忠靖、*櫻庭 均; 遅発型ファブリー病の原因変異vs機能的多型 第57回日本先天代謝異常学会総会 2015.11.12 大阪
  9. 重永雅志、月村考宏、佐藤温子、芝崎 太、兎川忠靖、*櫻庭 均:  酵素補充療法を受けたファブリー病患者における抗α-ガラクトシダーゼA抗体産生とその酵素活性阻害作用 第57回日本先天代謝異常学会総会 2015.11.12 大阪
  10. 重永雅志、月村考宏、佐藤温子、芝崎 太、兎川忠靖、*櫻庭 均: 酵素製剤に対する抗体を産生したファブリー病患者の血清は酵素製剤の活性を阻害する 第88回日本生化学学会(BMB2015) 2015.12.01-04, 神戸

2014年度学会発表

2017-03-10

2014年度学会発表

国際学会

  1. Kajiwara N, Sakurai A, Nomura N, Nanba R, Sinkai T, Iwaki T, Obayashi T, Hashimoto K, Hasegawa M, Sakota Y, Naito A, Morizane Y, Hosaka M, Tsuboi K, Kida H, Kodama K, Kai A, and Shibasaki F. Rapid typing of influenza viruses using high speed qRT-PCR. JP-17. YONSEII BK21PLUS - CBSM International Joint Symposium. 2014. 6. 21, Gunja village, Andong, Korea.
  2. Migita T: Dysregulated lipogenesis in cancer. International Symposium on Tumor Biology in Kanazawa & Symposium on Drug Discoverry in Academics. 2014.1.23 Kanazawa.
  3. Oboki K, Kajiwara N, Nakae S, Saito H, and Shibasaki F. Pathogenic role of IL-33 in murine asthma model (JP-1). YONSEII BK21PLUS - CBSM International Joint Symposium. 2014. 6. 21, Gunja village, Andong, Korea.
  4. Migita T. Dysregulated fatty acid metabolism in cancer and its therapeutic implication. YONSEII BK21PLUS - CBSM International Joint Symposium. 2014. 6. 21, Gunja village, Andong, Korea.
  5. Shibasaki F, Oboki. K, Nomura N, Migita T, Ogawa M, Ohishi T, Kajiwara, N, Sadato D, and Koide T. R&D of Innovative Devices for Self-Care Monitoring and OTC Diagnosis Based on Industry-Academia Cooperation. YONSEII BK21PLUS - CBSM International Joint Symposium. 2014. 6. 21, Gunja village, Andong, Korea.
  6. Ohishi T, Muramatsu Y, Yoshida H, Shibasaki F, and Seimiya T. TRF1 ensures the centromeric function of Aurora-B and proper chromosome segregation. YONSEII BK21PLUS - CBSM International Joint Symposium. 2014. 6. 21, Gunja village, Andong, Korea.
  7. Nomura N, Sakurai A, Takayama K, Munakata T, Yamamoto N, Tamura T, Yamada J, Hashimoto M, Kuwahara K, Sakota Y, Suda Y, Kobayashi Y, Sakaguchi N, Kida H, Kohara M, and Shibasaki K. Broad Spectrum Detection of H5 Subtype Influenza A Viruses with A New Fluorescent Immunochromatography System. YONSEII BK21PLUS - CBSM International Joint Symposium. 2014. 6. 21, Gunja village, Andong, Korea.
  8. Sadato D, Chen L, Shibasaki F. Shwachman-Bodian-Diamond syndrome protein, SBDS promotes hypoxic response via interaction with Hypoxia-Inducible Factor 2α. YONSEII BK21PLUS - CBSM International Joint Symposium. 2014. 6. 21, Gunja village, Andong, Korea.


国内学会

  1. 右田敏郎、高山賢一、大日方大亮、池田和貴、浦野友彦、高橋悟、曽我朋義、井上聡:Androgen-responsive and lipogenic enzyme ACSL3 is involved in castration-resistant growth of prostate cancer. 日本癌学会 2014.9.25-27 パシフィコ横浜
  2. 大石智一、村松由紀子、清宮啓之:テロメア蛋白質TRF1はAurora-Aの機能を介したAurora-Bの動原体蓄積に必要である、第73回日本癌学会学術総会2014.9.25-27 横浜(ポスター)
  3. 大石智一、村松由起子、吉田喜香、芝崎 太、清宮啓之、テロメア蛋白質TRF1による染色体分配制御、Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 2014、2014.11.22-23、静岡・伊豆市(ポスター)
  4. 大保木啓介、小川美奈、芝崎 太:都立病院バイオバンクと臨床研究プラットフォーム、Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 2014、2014.11.22-23、静岡・伊豆市(ポスター)
  5. 梶原直樹、櫻井陽、野村奈美子、橋本麻紗子、芝崎太:インフルエンザの迅速・高感度診断を可能にした蛍光イムノクロマトグラフ法の開発、Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 2014、2014.11.22-23、静岡・伊豆市(ポスター)
  6. 貞任大地、陳リー、芝崎 太:Shwachman 症候群の原因因子SBDSは低酸素誘導因子HIF-2αを介して遺伝子発現を調節する、Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 2014、2014.11.22-23、静岡・伊豆市(ポスター)
  7. 田島陽一:ポンペ病モデルマウスにおける筋疾患の分子病態解析。第87回日本生化学会大会 2014.10.15-18. 京都(ポスター)
  8. 月村考宏、芝崎 太、重永雅志、兎川忠靖、*櫻庭均: 酵素補充治療を受けているファブリー病患者さんの血清中抗GLA抗体を測定することは重要です. 臨床遺伝学公開シンポジウム2016 「リソソーム病基礎から臨床へ」2015年3月15日
  9. *芝崎 太、大保木啓介、梶原直樹、野村奈美、遠藤典子、中野早知栄、小林行治、兎川忠靖、月村考宏、櫻庭 均、小出 徹: 次世代迅速簡易診断法の開発と各疾患への応用. 臨床遺伝学公開シンポジウム2016 「リソソーム病基礎から臨床へ」2015年3月15日

2013年度学会発表

2017-03-10

2013年度学会発表

国際学会

  1. Shibasaki F, Sakurai A, Nomura N, Hashimoto A, Kohara M, Kuwahara K, and Sakaguchi N: Development of New Diagnosis Systems for Detecting Influenza Viruses. 2013 TEPIK&APACI International Influenza Symposium. 2013.7.12, Seoul, Korea
  2. Akira Sakurai:Development of new diagnosis systems for detecting influenza viruses. 3rd IGAKUKEN International Symposium on Control of Influenza virus and Hepatitis. 2013.1.15, Tokyo
  3. Shibasaki F:Opening Remark: 3rd IGAKUKEN International Symposium. 2013.2.15 Igakuken
  4. Shibasaki F, Nakano S, Togawa T, Tsukimura T, Kawashima I, Sakuraba H.: Development of a highly sensitive immune-PCR measurement of alpha-galactosidase A protein levels in serum and plasma. The 3rd Asian congress for Inherited Metabolic Diseases (ACIMD) & The 55th Annual Meeting of The Japanese Society for Inherited Metabolic Diseases (JSIMD). 2013.11.27 Maihama, Chiba.
  5. Kawashima I, Mitobe S, Komada T, Tsukimura T, Togawa T, Sakuraba H.: Development of enzyme replacement therapy with a modified enzyme and an activator for Fabry disease. The 3rd Asian congress for Inherited Metabolic Diseases (ACIMD) & The 55th Annual Meeting of The Japanese Society for Inherited Metabolic Diseases (JSIMD). 2013.11.27 Maihama, Chiba.
  6. Nakano S, Togawa T, Tsukimura T, Kawashima I, Sakuraba H, Shibasaki F.: Rapid immuno-chromatographic measurement of anti-alpha-galactosidase A antibodies in Fabry patients treated with enzyme replacement therapy. The 3rd Asian congress for Inherited Metabolic Diseases (ACIMD) & The 55th Annual Meeting of The Japanese Society for Inherited Metabolic Diseases (JSIMD). 2013.11.28 Maihama, Chiba.


国内学会

  1. 右田敏郎:がんと脂質代謝異常 第1回日本がん代謝研究会 2013.1.17 慶應義塾大学医学部信濃町キャンパス(招待講演)
  2. 右田敏郎:Dysregulated lipogenesis in cancer 金沢国際がん生物学シンポジウム&アカデミア創薬シンポジウム2014.1.23−24 金沢エクセルホテル東急(招待講演)
  3. 芝崎 太、櫻井 陽、野村奈美子:開発したH5インフルエンザ用抗体の特徴.1月30日 鹿児島大学共同獣医学部附属越境性動物疾病制御(TAD)研究センターセミナー. 2013.1.30 鹿児島
  4. 芝崎 太:睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断および治療機器の開発. 第3回ビジネス創造コンテスト. 2013.2.5 東京
  5. 芝崎 太、櫻井 陽、野村奈美子:インフルエンザウイルスの新規診断法.第2回研究フォーラム. 2013.2.5 東京
  6. 芝崎 太、中野早知栄、森實芳仁、櫻庭 均: 高感度同時多項目(MUSTag)法のFabry病診断への応用. 臨床遺伝学シンポジウム 2013.3.5明治薬科大学(招待講演)
  7. 中野早知栄、芝崎 太、櫻庭 均:Fabry病治療時の抗GLA抗体測定用簡易イムノクロマトの開発.  臨床遺伝学シンポジウム 2013.3.5明治薬科大学
  8. 遠藤典子、田畑務、川村眞智子、安藤義将、菅沼明彦、小林行治、小林薫、池田智明、芝崎 太:HPV抗体価. 第1回 三重産婦人科研究会 2013.4.11 津(招待講演) 
  9. 芝崎 太:基礎解析から疾患の診断、創薬への応用.東京理科大学・理工学研究科 応用生物科学専攻分野(連携大学院)講義(1).2013.5.27 野田
  10. 芝崎 太:基礎解析から疾患の診断、創薬への応用.「高病原性鳥インフルエンザ」東京理科大学・理工学研究科 応用生物科学専攻分野(連携大学院)講義(2).2013.5.27 野田
  11. 芝崎 太:産官学医連携による実用化開発の現状. 三重大学地方イノベーション学研究科講義.2013.6.25(招待講演)
  12. Shibasaki.F and Koide T: Open the Future Gate for Bio-Medical Partnerships vs”TOBIRA”. The American Chamber of Commerce in Japan (ACCJ). 2013.6.28 Tokyo(招待講演)
  13. 貞任大地、田島陽一、陳リー、芝崎 太:HIF-2αと新規結合因子CGI-97/SBDSの相互作用解析 第12回Conference for BioSignal and Medicine 2013.7.13 山梨県
  14. 櫻井 陽、野村奈美子、細川幸生、橋本麻紗子、芝崎 太:新規インフルエンザ診断技術の開発 Cell Biology Summer Meeting (CBSM) 2013、2013.7.13、山梨・笛吹市
  15. 大保木啓介、梶原直樹、中江進、斎藤博久、芝崎 太:喘息モデル病態形成におけるIL-33の役割、Cell Biology Summer Meeting (CBSM) 2013、2013.7.13、山梨・笛吹市(ポスター)
  16. 梶原直樹、大保木啓介、斎藤博久、中江進、芝崎太:アレルギー疾患におけるIL-16の抑制機能、Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 2013 2013.7.1 山梨県・笛吹市(ポスター)
  17. 川島育夫:サポシンBを用いる新たな酵素補充療法の有効性. Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 2013 2013.7.1 山梨県・笛吹市(ポスター) 
  18. 右田敏郎・脂質代謝酵素ATPクエン酸リアーゼの阻害はがん細胞に脂肪酸組成が異常な脂肪滴を蓄積させる・Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 2013.7.13-14 山梨県笛吹市ホテル石庭
  19. 芝崎 太:次世代の早期診断法および病勢診断法の開発. がん認知症シンポジウム. 2013.7.18 津田ホール
  20. 芝崎 太:バイオベンチャー企業の知恵と技術.東京都立産業技術研究センター「バイオ応用技術フォーラム」.2013.9.2 東京イノベーションハブ(招待講演)
  21. 芝崎 太:グループディスカッションの発表「科学研究費使途に関して」.Science Talks;日本の研究力を考えるシンポジウム.2013.10.19 東京農工大
  22. 芝崎 太:血管新生と癌.東京農工大学獣医学部分子病態診断・治療学講義.131031 府中
  23. 芝崎 太:発見から発明;そして実用化 ~研究の価値を最大化するために成果の実用化の流れを創る~. (地独)東京都健康長寿医療センタートランスレーショナル・リサーチ2013年度第3回セミナー. 2013.11.29 東京(招待講演)
  24. 田島陽一、櫻庭 均:ポンペマウス骨格筋におけるp62とParkinの蓄積。第36回日本分子生物学会年会 2013.12.3~6. 神戸
  25. 川島育夫:ファブリー病に対する酵素補充療法へのサポシンBの有用性について検討しています.  臨床遺伝学公開シンポジウム2013「リソソーム病解明への新たな進歩」2013.3.5 清瀬市
  26. 遠藤典子、田畑 務、川村眞智子、小林薫、安藤義将、芝崎 太:子宮頸がん予防ワクチンの効果測定法の検討. 第36回日本分子生物学会年会 2013.12.5 神戸
  27. 中野早知栄、芝崎 太、櫻庭 均:ファブリー病治療効果判定のため血中抗GLA抗体価の簡易測定法の開発.  第36回日本分子生物学会2013.12.5 神戸
  28. 上田彩乃、貞任大地、芝崎 太:低酸素反応におけるカルシニューリンの作用. 第36回日本分子生物学会2013.12.5 神戸

2012年度学会発表

2017-03-10

2012年度学会発表

国際学会

  1. Futoshi Shibasaki, Sachie Nakano, and Hitoshi Sakuraba. Diagnostic Values of Modified Immuno-PCR Method (MUSTag) to Differentially Detect alpha-Galactosidase Proteins in A Subset of Fabry Disease Patients. 4th International Forum for Lysosomal Storage Disease & 17th Japanese Society for Lysosomal Disease. 2012.10.5. Tokyo

国内学会

  1. 神田浩明、野村起美恵、右田敏郎、石川雄一・新規発がん感受性マウス・文部科学省科学研究費新学術領域研究ワークショップ(個体レベルでのがん研究支援活動) 2012.1.18 琵琶湖ホテル
  2. 芝崎 太、小出 徹:東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合の意義。第1回研究シーズフォーラム. 2012.3.8 東京
  3. 兎川忠靖*、児玉 敬、月村考宏、柏 志保、川島育夫、鈴木俊宏、櫻庭 均:ファブリー病の診断におけるLyso-Gb3の評価.第132回日本薬学会年会、2012.3.28~3.31 札幌市
  4. 渡邊 徹*、高岡友紀、川島育夫、櫻庭 均、千葉靖典:サポシンB欠損症治療薬を目指したヒトサポシンBの生産.日本農芸化学大会2012 年度京都大会、 2012.3.22~3.26 京都市
  5. 川島育夫:サポシンBの機能について解析しました.明治薬科大学・臨床遺伝学公開シンポジウム2012「リソソーム病研究:更なる進歩に向かって」2012.3.11 清瀬市
  6. 田島陽一:治療用ヒト組み換えタンパク質によるマウスでのアナフィラキシーとサイトカインの解析。第6回感染症サイトカイン研究会 2012.11.10 神戸
  7. 田島陽一:治療用ヒト組換え蛋白質によるマウスでの免疫反応と抗原を肝臓特異的発現させることによるアレルギー反応の抑制。第11回CBSM2012、2012.8.31~9.2 伊勢市
  8. 川島育夫:ファブリー病に対する酵素補充療法の問題点を改善する活性化因子の有用性について.第11回CBSM2012、2012.8.31~9.2 伊勢市
  9. 芝崎 太、櫻井 陽、野村奈美子、遠藤典子:バイオマーカーの臨床評価に基づく基盤診断法・機器の開発。日本プロテオーム学会2012年大会 2012.7.27 東京(招待講演)
  10. 遠藤典子、櫻井 陽、細川幸生、野村奈美子、橋本麻紗子、清水達哉、田畑務、芝崎 太:子宮頸がんワクチンの接種効果測定法の検討. 第11回 Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 2012.9.2 伊勢市
  11. 早川英毅、小野富男、石兼 真、秋武義治、細田洋司、風間智彦、松本太郎、池田智明、芝崎太: Int6抑制による血管新生の機序解明と臨床応用. 第11回Conference of BioSignal and Medicine (CBSM), 2012, 9.1, 伊勢市.
  12. 貞任大地、田島陽一、陳リー、芝崎 太:HIF-2αと新規結合因子CGI-97/SBDSの相互作用解析 第11回Conference for BioSignal and Medicine 2012.9.1 三重県
  13. 梶原直樹、大保木啓介、Hardy Kornfeld、奥村康、斎藤博久、中江進、芝崎 太:FITCによる接触皮膚炎におけるIL-16の役割、Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 2012 2012.9.1 三重県・伊勢市(ポスター)
  14. 櫻井 陽:超高速RT-PCRによるインフルエンザウイルス検出系の確立 第11回CBSM2012、2012.8.31~9.2 伊勢市
  15. Sharif Hasan、董 金華、森實 芳仁、芝崎 太、上田 宏:Sensitive detection of small molecule biomarkers by Open Sandwich Immuno-PCR. 化学工業会 第44回秋季大会2012.9.19-21 仙台
  16. 櫻井 陽 (協力研究者:芝崎 太 川島育夫 梶原直樹 野村奈美子 橋本麻紗子) 高病原性トリインフルエンザウイルスH5N1亜型における新規侵入経路の発見 2012年 第60回日本ウイルス学会総会 大阪 2012.11.13-15
  17. 大保木啓介:IL-33とアレルギー疾患、第62回日本アレルギー学会秋季学術大会、シンポジウム15、2012.12.1、大阪(口演)
  18. 貞任大地、陳リー、芝崎 太:Shwachman症候群原因因子SBDSは低酸素誘導因子HIF-2αを介して遺伝子発現を調節する 第35回日本分子生物学会年会 2012.12.5 兵庫県
  19. 貞任大地、田島陽一、陳リー、芝崎 太:HIF-2αと新規結合因子CGI-97/SBDSの相互作用解析 第35回日本分子生物学会年会 2012.12.12 福岡県
  20. 遠藤典子、川村眞智子、菅沼明彦、小林行治、小林薫、安藤義将、芝崎 太:子宮頸がんワクチンの接種効果測定法の開発. 第35回 日本分子生物学会年会 2012.12.13 福岡
  21. 右田敏郎・がんと脂質代謝異常・第85回日本生化学学会 2012.12.14福岡国際会議場(招待講演)
  22. 遠藤典子、櫻井 陽、細川幸生、野村奈美子、橋本麻紗子、清水達哉、川村眞智子、菅沼明彦、芝崎 太:子宮頸がんワクチンの効果測定法開発. 第8回 東京都福祉保健医療学会 2012.12.21 東京
  23. 櫻井 陽、野村奈美子、細川幸生、橋本麻紗子、芝崎 太 原 光彦 関谷紀貴 田中 理子:高感度蛍光イムノクロマト法の開発とインフルエンザウイルス検出への応用 2012年 第8回東京都福祉保健医療学会 東京 2012.12.21(医学・医療の部 最優秀賞を受賞)

2011年度学会発表

2017-03-10

2011年度学会発表

国際学会

  1. K.Takahashi, K.Hiramatsu, T.Yamaguchi, H.Matsumoto, D. Nakano, M. Kawakita: Urine N1,N12-di*acetyl spermine (DiAcSpm) as a new cancer marker for colorectal cancer . 8th international Symposium on Minimal Residual Cancer ,2011.09.21-2011.09.23 Japan Osaka
  2. Toshihiro Yoshizawa, Masaaki Saito, Fumiko Iwata, Futoshi Shibasaki: Relationship between cerebrospinal fluid biomarkers and parahippocampal atrophy evaluated with a voxel-based specific regional analysis system developed for the study of Alzheimer’s disease (VSRAD). Neurosciense 2011 ;米国神経科学学会2011年年次総会 (Washington DC, USA)
  3. Hideki Hayakawa, Shin Ishikane, Yoshiharu Akitake, Tomohiko Kazama, Hiroshi Hosoda, Taro Matsumoto, Tomoaki Ikeda, Hutoshi Shibasaki: Int6 silencing promotes outgrowth of functional vessels: its regulatory system and clinical application. The 19th Annual Meeting of the Japanese Vascular Biology and Medicine Organization / The 1st Asia-Pacific Vascular Biology Meeting, 2011, 12.9, Tokyo.


国内学会

  1. 高橋慶一、江口礼紀、丸山道生、岡村孝、重松恭祐、西村和彦、落合匠、若山達郎、松本潤、井上暁、平松恭子、川喜田正夫:各種癌における尿中ジアセチルスペルミン測定の多施設共同研究. 東京都プロジェクト研究発表会2011.05.18
  2. 川村眞智子、飯野 彰人、平松恭子、川喜田正夫、花田良二:小児悪性腫瘍患者における腫瘍マーカーとしての尿中ポリアミン測定の有用性に関する検討. 第114回日本小児科学会学術集会2011. 8.12-14 東京
  3. 平松恭子、岩崎香里、鮫島啓二郞、桑田剛、小泉浩一、高橋慶一、八杉利治、森谷俊介、斎藤文江、高浜恵美、川喜田正夫:組織中のN1,N12-ジアセチルスペルミン.第82回日本生化学会2011. 9.21-24 京都
  4. 高橋慶一、平松恭子、桑田剛、八杉利治、岩崎善毅、堀尾裕俊、堀口慎一郎、小泉浩一、鮫島啓二郎、岩崎香里、森谷俊介、斎藤文江、高浜恵美、川喜田正夫: 癌組織中のN1N12ジアセチルスペルミン. 第31回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2011.10.2 名古屋
  5. 高橋慶一、平松恭子、山口達郎、松本寛、中野大輔、川喜田正夫:新しい癌マーカーとしての尿中ジアセチルスペルミン(DiAcSpm)の大腸癌検出能について. 第49回日本癌治療学会2011.10.27-29
  6. 田島陽一、横山清司、川島育夫、貞任大地、設楽浩志、多屋長冶、月村考宏、櫻庭 均、廣井隆親、芝崎 太:新規ファブリー病治療薬による免疫応答を軽減させた免疫寛容ファブリーマウスの開発。第34回日本分子生物学会年会、2011.12.13~16 横浜
  7. 森山厚子、月村考宏、田島陽一、川島育夫、児玉 敬、福重智子、金蔵拓郎、鈴木俊宏、兎川忠靖、櫻庭 均:改変型α-N-アセチルガラクトサミニダーゼの生産と精製。第53回日本先天代謝異常学会総会、第10回アジア先天代謝異常症シンポジウム2011. 11.24~26 千葉
  8. 月村考宏、田中利絵、児玉 敬、川島育夫、齋藤静司、鈴木俊宏、兎川忠靖、櫻庭 均:E66Qを伴うGLAの生化学的及び病理学的解析。第53回日本先天代謝異常学会総会、第10回アジア先天代謝異常症シンポジウム2011. 11.24~26 千葉
  9. 児玉 敬、兎川忠靖、川島育夫、石田洋一、鈴木 實、辻 大輔、伊藤孝司、千葉靖典、月村考宏、鈴木俊宏、櫻庭 均:GM2ガングリオシドーシスのバイオマーカー。第53回日本先天代謝異常学会総会、第10回アジア先天代謝異常症シンポウム2011. 11.24~26 千葉
  10. 兎川忠靖、児玉 敬、月村考宏、柏 志保、川島育夫、鈴木俊宏、櫻庭 均:ファブリー病のバイオマーカーとしてのlyso-Gb3の評価。第53回日本先天代謝異常学会総会、第10回アジア先天代謝異常症シンポジウム2011. 11.24~26 千葉
  11. 田中利恵、月村考宏、児玉 敬、川島育夫、齋藤静司、鈴木俊宏、兎川忠靖、櫻庭 均:ファブリー病男性患者のためのハイリスク・スクリーニング。第53回日本先天代謝異常学会総会、第10回アジア先天代謝異常症シンポジウム2011. 11.24~26千葉
  12. 川島育夫、渡邊 徹、千葉靖典、児玉 敬、月村考宏、芝崎 太、櫻庭 均:遺伝子操作した酵母より生産した組換えヒトサポシンBのα-ガラクトシダーゼA活性増強効果。第84回日本生化学会大会2011. 9.21~24 京都
  13. 児玉 敬、兎川忠靖、川島育夫、石田洋一、鈴木 實、辻 大輔、伊藤孝司、千葉靖典、月村考宏、鈴木俊宏、櫻庭 均:GM2ガングリオシドーシスのバイオマカーとしてのLyso-GM2。第84回日本生化学会大会2011. 9.21~24 京都
  14. 兎川忠靖、月村考宏、児玉 敬、田中利恵、川島育夫、齋藤静司、鈴木俊宏、櫻庭均:ファブリー病の診断におけるα-ガラクトシダーゼE66Qアミノ酸置換の重要性。 第84回日本生化学会大会2011. 9.21~24 京都
  15. 月村考宏、田中利恵、児玉 敬、川島育夫、齋藤静司、鈴木俊宏、兎川忠靖、櫻庭均:ファブリー病ハイリスク・スクリーニングの有用性と問題点。第84回日本生化学会大会2011. 9.21~24 京都
  16. 田島陽一、横山清司、川島育夫、貞任大地、設楽浩志、多屋長治、月村考宏、廣井隆親、柴崎 太、櫻庭 均:免疫寛容ファブリー病モデルマウスを用いた新規ファブリー病酵素補充療法の検討。 第84回日本生化学会大会2011. 9.21~24 京都
  17. 北風 圭介, 堂園 幸恵, 辻 大輔, 櫻庭 均, 田島 陽一, 伊藤 孝司:ヒトβ-hexosaminidaseとGM2 activator proteinとの相互作用の解析。第84回日本生化学会大会2010.9.21~24.京都
  18. 川島育夫:遺伝子操作した酵母が生産する組換えヒトα-ガラクトシダーゼAによる酵素補充療法の有効性。 CBSM2011, 2011. 6.24~26. 軽井沢
  19. 川島育夫:ファブリー病の確定診断の一つ「尿中グロボトリアオシルセラミドの検出方法」を紹介します。臨床遺伝学公開シンポジウム2011「リソソーム病の診断と治療のために」 2011. 3. 11. 東京 秋津
  20. 田島陽一: 免疫寛容ファブリー病モデルマウスを用いた新規ファブリー病酵素補充療法の検討。CBSM2011 2011.6.24~26. 軽井沢
  21. 石兼 真、細田洋司、Jung Kyongsook、秋武義治、三島健一、岩崎克典、藤原道弘、早川英毅、芝崎 太、池田智明:卵膜由来間葉系幹細胞を用いた再生医療における他家細胞移植療法の確立 Conference of BioSignal and Medicine, 2011, 6.25, 軽井沢.
  22. 岩田典子、中野早知栄、森實芳仁、鎌田裕子、芝崎太:バイオマーカー測定による癌の新規診断法開発(ポスター).  Conference of BioSignal and Medicine (CBSM), 2011, 6.25, 軽井沢.
  23. 森實芳仁 、中野早知栄、長谷川江里香、岩田典子、細川幸生、早川英毅、内藤暁宏、櫻井 陽、野村奈美子、橋本麻紗子、芝崎 太:MUSTag法/IMPACTag法の基盤技術の確立と分子標的診断への応用。 Conference of BioSignal and Medicine (CBSM),2011, 6.25, 軽井沢.
  24. 芝崎 太: 企業シンポジウム「とびら紹介」。Conference of BioSignal and Medicine (CBSM),2011, 6.25, 軽井沢.
  25. 吉澤利弘、齊藤正明、岩田典子、芝崎太:アルツハイマー型認知症における髄液中バイオマーカーと脳MRI, VSRAD解析による海馬萎縮との関連について. Conference of BioSignal and Medicine (CBSM), 2011, 6.25, 軽井沢.
  26. 早川英毅, 小野富男, 石兼真, 秋武義治, 風間智彦, 細田洋司, 松本太郎, 池田智明, 芝崎太: Int6抑制による血管新生の機序解明と臨床応用. Conference of BioSignal and Medicine (CBSM), 2011, 6.25, 軽井沢.
  27. 早川英毅: Int6抑制による血管新生の作用機序解明と臨床応用. 都医学研所内発表会第三部会, 2011, 10.11, 東京.
  28. 早川英毅, 小野富男, 石兼真, 秋武義治, 風間智彦, 細田洋司, 松本太郎, 池田智明, 芝崎太: Int6抑制による血管新生の機序解明と臨床応用. 第34回日本分子生物学会年会, 2011, 12.13, 横浜.
  29. 早川英毅:Int6抑制による血管新生作用の機序解明と臨床応用。医学研ポスター発表会。 2011.10.11 医学研講堂
  30. 芝崎 太:正常血管誘導サイトカイン群の同定と診断・細胞移植療法への応用。第3回サイトカイン研究会。2011.10.8 神戸
  31. 芝崎 太:イムノPCR (MUSTag 法)の臨床応用と今後の展望。福島県立医大セミナー 2011.9.7 福島
  32. 芝崎 太、森實芳仁、岩田典子、細川幸生、中野早知栄、槇坂典子、鎌田裕子、木村高弘、頴川 晋:イムノPCR (MUSTag 法)の臨床応用と今後の展望。2011.8.27 札幌

2010年度学会発表

2017-03-10

2010年度学会発表

  1. 森實芳仁、芝崎 太: 超高感度同時多項目測定法(MUSTag法)の基盤技術の確立と分子標的診断への応用 第9回研究交流フォーラム 2010.3.11 東京
  2. 森實芳仁、芝崎 太: 超高感度同時多項目測定法(MUSTag法)を用いた体外診断薬の開発と産学医連携 第9回研究交流フォーラム 2010.3.11 東京
  3. 櫻井 陽、野村奈美子、内藤暁宏、金子 愛、森實芳仁、芝崎 太:超高速RT-PCRによる30分以内のインフル遺伝子診断」第9回研究交流フォーラム 2010.3.11 東京
  4. 橋本拓弥、陳リー、芝崎 太:特異的siRNAによるマウス下肢虚血障害の治療と血管新生因子の高感度測定.第9回研究交流フォーラム 2010.3.11 東京
  5. 川島育夫:組換え酵素の脳内補充療法の基礎的検討をしています.臨床遺伝学公開シンポジウム2010「リソソーム病の診断から治療まで」 2010. 3. 25. 東京 秋津
  6. 田島陽一:分子設計によりファブリー病に対する新しい酵素薬を開発しています. 臨床遺伝学公開シンポジウム2010「リソソーム病の診断から治療まで」 2010. 3. 25. 東京 秋津
  7. 菅原佳奈子、川島育夫、田島陽一、月村考宏、兎川忠靖、鈴木俊宏、千葉靖典、地神芳文、桜庭 均:酵母で生産した新規高機能酵素によるファブリー病酵素補充療法の開発 日本薬学会第130年会. 2010. 3.28-30. 岡山
  8. 吉澤利弘、齊藤正明、岩田典子、芝崎太:アルツハイマー型認知症早期及び軽度認知障害におけるVSRADと髄液マーカーの関連. 第51回日本神経学会総会2010.5.20東京
  9. K. Hiramatsu, G. Kuwata, K.Koizumi, K.Takahashi, K.Samejima, M.Miura, S.Moriya, F.Saito, M.Kawakita: N1,N12-Diacetylspermine in Colon Cancer Tissues/2010 International Polyamine Conference .2010.06.14-18.Gotemba
  10. 芝崎 太:インフルエンザ診断のための迅速簡易診断法の開発.東京都技師会総会 2010.6.18 東京
  11. Jiro Yasuda, Akira Sakurai, Takeshi Noda, Shuzo Urata, Yoshihiro Kawaoka and Toshie Sakuma. Antiviral Activity of Tetherin/BST-2 Against Negative Strand RRNA viruses .2010.6.21-25 Bruges Belgium
  12. 森實芳仁、芝崎 太: MUSTag法の基盤技術の確立と分子標的診断への応用 第9回バイオテクノロジー国際会議内若手研究者発表大会 2010.6.30-7.2 東京・江東区
  13. 森實芳仁、槇坂典子、金子 愛、内藤暁宏、櫻井 陽、野村奈美子、南波玲子、芝崎 太: 超高感度同時多項目測定法(MUSTag法)の基盤技術の確立と分子標的診断への応用 第9回Cell Biology Summer Meeting (CBSM2010) 「細胞生物学から再生を考える」 2010.7.3-4 神奈川県
  14. 早川英毅、芝崎太: HER2高発現乳癌治療薬の効果予測および病態モニタリングのための新規診断法の開発. 第9回Cell Biology Summer Meeting 2010、2010.7.3~4 箱根.
  15. 岩田典子、小島聡子、 横山照史、橋本麻紗子、川名敬、芝崎太:子宮頸癌ワクチン効果予測法の開発.第9回Cell Biology Summer Meeting 2010、2010.07.01-02 箱根
  16. 早川英毅、芝崎太: HER2高発現乳癌治療薬の効果予測および病態モニタリングのための新規診断法の開発. 第9回Cell Biology Summer Meeting 2010、2010.7.3~4 箱根.
  17. 内藤暁宏、野村奈美子、櫻井 陽、南波玲子、森實芳仁、芝崎 太:高速・高感度インフルエンザ診断法の開発.  第9回Cell Biology Summer Meeting 2010、2010.07.01-02 箱根
  18. 櫻井 陽、芝崎 太 超高速RT-PCRによるインフルエンザウイルス検出系の確立 CBSM2010 7.3-4 箱根
  19. 川島育夫:組換え酵素の脳内補充療法の基礎的検討 CBSM21010, 2010. 7.3~4. 箱根
  20. 田島陽一:分子設計によるファブリー病に対する新しい酵素薬の開発. CBSM2010, 2010. 7.3~4. 箱根
  21. Akira Sakurai, and Futoshi Shibasaki.: Quick typing and subtyping of influenza virus by using High Speed quantitative real-time PCR. 4th Ditan International Conference On Infectious Diseases 2010.7.15-18 Beijin, China
  22. 月村考宏、川島育夫、兎川忠靖、児玉 敬、鈴木俊宏、渡邉 徹、千葉靖典、福重智子、地神芳文、櫻庭 均:酵母で生産した組み換えヒトα-ガラクトシダーゼのファブリー病マウスに対する効果 明治薬科大学HRC、2周年記念講演会2010.9.16. 東京 秋津
  23. 児玉 敬、兎川忠靖、川島育夫、月村考宏、鈴木俊宏、櫻庭 均:グロボトリアオシルスフィンゴシンは、ファブリー病の診断と治療のバイオマーカーになり得る 明治薬科大学HRC、2周年記念講演会2010.9.16. 東京 秋津
  24. 黒田麻祐子、鈴木俊宏、兎川忠靖、小谷政晴、川島育夫、千葉靖典、櫻庭 均:Sandhoff病モデルマウス由来ニューロスフェア株を用いた酵素補充モデルの構築 明治薬科大学HRC、2周年記念講演会2010.9.16. 東京 秋津
  25. Morizane Y. Chen L., Makisaka N., Uchida K., and Shibasaki F.: Multiple-Antigen Profiling (MAP) with Supersensitive Multiplex Tag (MUSTag) Technology. HUPO 9th Annual World Congress (HUPO2010). 2010.9.19-23. Sydney, NSW, Australia.
  26. F. Shibasaki, Y. morizane, N. Makisaka, Y. kamata, T. Kimura, S. Egawa, F. Iwata, and H. Hayakawa: Supersensitive MUSTag Technology: Diagnostic Applications for Multiplex Detection of Protein Biomarkers. HUPO 9th Annual World Congress (HUPO2010). 2010.9.19-23. Sydney, NSW, Australia.
  27. 芝崎 太、陳リー、内田和代、Alexander Endler、飯島 修 、森實芳仁、堀口慎一郎、戸井雅和、内野博之、池田幸:siRNA医薬のターゲット分子:虚血の分子シグナル伝達物質(int6/eIF3e). 国立循環器病センター再生医療部セミナー 2010.9.29 大阪
  28. 黒田麻祐子、鈴木俊宏、小谷政晴、川島育夫、兎川忠靖、千葉靖典、福重智子、金蔵拓郎、櫻庭 均:Sandhoff病モデルマウス由来ニューロスフェア株の樹とその応用 第52回日本先天代謝異常学会総会 2010.10.21~23. 大阪
  29. 桑田剛,平松恭子,小泉浩一,高橋慶一,鮫島啓二郞,三浦正子,森谷俊介,斎藤文江,酒井麻美,川喜田正夫:大腸癌組織中のN1,N12-ジアセチルスペルミン.第30回日本分子腫瘍マーカー研究会 2010.9.21 大阪
  30. 川村眞智子、下山達、小室泰司、佐々木栄作、岡元るみ子、前田義治、佐々木常雄、平松恭子、川喜田正夫、花田良二:造血器腫瘍疾患における尿中ポリアミン測定の意義 .第72回 日本血液学会 2010.9.24-26 横浜
  31. 月村考宏、千葉靖典、川島育夫、渡邊 徹、児玉 敬、福重智子、金蔵拓郎、鈴木俊宏、兎川忠靖、櫻庭 均:メタノール資化性酵母で産生した組み換えヒトα-ガラクトシダーゼAのファブリー病モデルマウスに対する効果 第52回日本先天代謝異常学会総会 2010.10.21~23. 大阪
  32. 田島陽一:分子設計によるファブリー病に対する新しい酵素薬の開発。 臨床研ポスター発表会、2010.11.24. 東京
  33. 児玉 敬、兎川忠靖、川島育夫、月村考宏、福重智子、金蔵拓郎、櫻庭 均:臓器組織中のLyso-Gb3はファブリー病の酵素補充療法における治療のバイオマーカーになり得る 第52回日本先天代謝異常学会総会 2010.10.21~23. 大阪
  34. 櫻井 陽、芝崎 太: 超高速RT-PCR による迅速亜型診断系の確立 第58回日本ウイルス学会集会 2010.11.7-9 徳島
  35. 芝崎 太、陳リー、Alexander Endler、内田和代、堀口慎一郎、飯島 修、戸井雅和 :新規HIF2抑制因子Int6/eIF3eによる正常血管新生機序とInt6-siRNAによる虚血性疾患治療への応用. 第18回日本血管生物医学会 2010.12.2
  36. K. Hiramatsu, G. Kuwata, K. Koizumi, K. Takahashi, K. Samejima, M. Miura, K. Iwasaki, S. Moriya, F. Saito, M. Kawakita: Analysis of N1, N12-Diacetylspermine and Other Polyamines in Tissues of Cancer Patients/2nd International Conference on the Role of Polyamines and their Analogs in Cancer and other Diseases. 2010. 12.1-6.Tivoli (Rome), Italy
  37. 森實 芳仁, 槇坂典子, 金子 愛, 内藤暁宏, 櫻井 陽, 野村奈美子, 南波玲子, 芝崎 太: 超高感度同時多項目測定法(MUSTag法)の基盤技術の確立と分子標的診断への応用 BMB2010 (第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会) 2010.12.7-10 兵庫・神戸
  38. 芝崎 太、陳リー、Alexander Endler、内田和代、堀口慎一郎、内野博之、池田幸穂:Int6に対するsiRNAによる低酸素関連因子の誘導および正常血管新生による組織障害の保護.  BMB2010 (第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会) 2010.12.7-10 兵庫・神戸
  39. 櫻井 陽、野村奈美子、南波玲子、内藤暁宏、森實芳仁、芝崎 太: 超高速RT-PCRによる迅速亜型診断系の確立 第33回日本分子生物学会年会2010.12.7-10 神戸
  40. 櫻井 陽、南波玲子、野村奈美子、内藤暁宏、森實芳仁、芝崎 太:インフルエンザ迅速遺伝子診断法の開発 2010年福祉保健医療学会 2010.12.17 東京
  41. 川島育夫、月村考宏、児玉 敬、鈴木俊宏、兎川忠靖、渡邊 徹、千葉靖典、福重智子、金蔵拓郎、田島陽一、芝崎 太、櫻庭 均: メタノール資化性酵母により産生した組換えヒトα-ガラクトシダーゼAはファブリー病モデルマウスに蓄積する基質を分解する 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会・合同年会 2010. 12.7~10. 神戸
  42. 田島陽一、川島育夫、月村考宏、千葉靖典、芝崎 太、櫻庭 均: 分子設計によるファブリー病に対する新しい酵素薬の開発 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会・合同年会 2010. 12.7~10. 神戸
  43. 兎川忠靖、月村考宏、川島育夫、田中利絵、児玉 敬、鈴木俊宏、櫻庭 均:ファブリー病のハイリスク・スクリーニング診断システムの構築 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会・合同年会 2010. 12.7~10. 神戸
  44. 児玉 敬、兎川忠靖、川島育夫、月村考宏、鈴木俊宏、福重智子、金蔵拓郎、櫻庭 均:ファブリー病治療のためのバイオマーカーとしての臓器組織中のLyso-Gb3 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会・合同年会 2010. 12.7~10. 神戸
  45. 黒田麻祐子、鈴木俊宏、小谷政晴、田島陽一、川島育夫、兎川忠靖、辻 大輔、伊藤孝司、千葉靖典、福重智子、金蔵拓郎、櫻庭 均:Sandhoff病モデルマウス由来ニューロスフェア株を用いた酵素補充モデルの構築. 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会・合同年会 2010. 12.7~10. 神戸
  46. 月村考宏、田島陽一、川島育夫、千葉靖典、鈴木俊宏、兎川忠靖、櫻庭 均:酵素増強療法が有効な変異α-ガラクトシダーゼと基質アナログの分子間相互作用の解析 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会・合同年会 2010. 12.7~10. 神戸
  47. 北風圭介、松岡和彦、辻 大輔、櫻庭 均、田島陽一、伊藤孝司:大腸菌発現系によるヒトGM2 activator proteinの獲得およびβ-Hexosaminidaseとの相互作用解析. 第82回日本生化学会大会. 2009. 10. 21-24. 神戸
  48. 平松恭子、桑田剛、小泉浩一、高橋慶一、鮫島啓二郞、三浦正子、森谷俊介、斎藤文江、酒井麻美、川喜田正夫:大腸癌および肝臓転移組織のポリアミン含有量. BMB2010 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会,2010.12.7-10 神戸
  49. 森谷俊介、平松恭子、川喜田正夫:腫瘍マーカーN1, N12-ジアセチルスペルミンの測定のためのイムノクロマト法の検討. BMB2010 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会,2010.12.7-10 神戸
  50. 芝崎 太:siRNA医薬のターゲット分子:虚血性疾患への応用。東京都健康長寿医療センターでのセミナー 2010.12.15 東京
  51. 平松恭子、桑田剛、小泉浩一、高橋慶一、鮫島啓二郞、三浦正子、岩崎香里、森谷俊介、斎藤文江、高浜恵美、川喜田正夫:大腸癌および肝臓転移組織のポリアミン含有量:癌組織特異的なN1, N12-ジアセチルスペルミン.第2回日本ポリアミン学会 2011.1.27-28 宇都宮
  52. 森谷俊介、平松恭子、斎藤文江、高浜恵美、岩崎香里、川喜田正夫:腫瘍マーカーN1, N12-ジアセチルスペルミンの測定のためのイムノクロマト法の検討. 第2回日本ポリアミン学会 2011.1.27-28 宇都宮


その他(特定の参加者向け発表)

  1. 芝崎 太:がん・感染症の治療とバイオマーカーの探索.(財)東京都医学研究機構 プロジェクト説明会. 2010.3.5 臨床研講堂
  2. 芝崎 太:超高感度・同時多項目分析法(MUSTag法)を応用した早期診断法及び病勢診断法の開発. 癌基金評価委員会 2010.5.12 臨床研講堂
  3. 平松恭子:尿中ジアセチルスペルミンによる各種がんの早期診断法の開発. 癌基金評価委員会 2010.5.12 臨床研講堂
  4. 芝崎 太:東京医科歯科大学 連携大学院講義 2010.5.19 東京
  5. 芝崎 太:東京理科大学 連携大学院講義(1)2010.6.21 東京
  6. 芝崎 太:東京理科大学 連携大学院講義(2)2010.6.28 東京
  7. 芝崎 太:三重大学大学院地域イノベーション学研究科 先端産業学特論 特別講義「高感度バイオマーカー検出とその実用化」2010.7.13 津・三重
  8. 芝崎 太:超高感度・同時多項目分析法(MUSTag法)を応用した早期診断法及び病勢診断法の開発. 癌基金評価委員会 2010.11.10 臨床研講堂
  9. 平松恭子:尿中ジアセチルスペルミンによる各種がんの早期診断法の開発. 癌基金評価委員会 2010.11.10 臨床研講堂
  10. 櫻井 陽:インフルエンザ迅速遺伝子診断法の開発. 臨床研ポスター発表会 201011.24
  11. 平松恭子:大腸癌組織のポリアミン含有量. 2010年度臨床研ポスター発表会. 2010.11.24
  12. 田島陽一:分子設計によるファブリー病に対する新しい酵素薬の開発。 臨床研ポスター発表会、2010.11.24. 東京
  13. 芝崎 太:(財)東京都医学研究機構 プロジェクト評価委員会 2011.1.6 東京


2009年度学会発表

2017-03-10

2009年度学会発表

  1. 森實芳仁: 超高感度同時多項目測定法 (MUSTag法) を用いたタンパク質バイオマーカーの臨床プロファイリング (MAP) 診断. 第8回研究交流フォーラム, 2009, 1.21, 東京・新宿
  2. 芝崎 太:都立病院連携 プロジェクト がん、生活習慣病および遺伝病克服のための先端的医療支援研究. 第8回研究交流フォーラム, 2009, 1.21, 東京・新宿
  3. 芝崎 太、森實芳仁:新型インフルエンザ対策プロジェクト超早期多項目迅速診断システムの確立. 東京都新型インフルエンザ対策普及啓発イベント 2009.1.24-25 東京・新宿
  4. 芝崎 太:「がん」-診断・治療・創薬の最前線- 「がんフリーライフ」を目指した新しい診断. H20年度都民講演会 2009.1.30 東京
  5. 芝崎 太: 「がんフリーライフ」を目指した新しい診断.ポスター発表 H20年度都民講演会 2009.1.30 東京
  6. 猫沖宗典,岩田典子,早川英毅, 森實芳仁, 槇坂典子,田島陽一,川島育夫,芝崎 太 :身近な医学情報コーナー. ポスター発表 H20年度都民講演会 2009.1.30 東京
  7. 芝崎 太:バイオマーカー分析がもたらす次世代の診断.新世代プロテオミクス;ゲノムワイドな抗体のみる夢.2009.2.3 東京・秋葉原
  8. 芝崎 太:東京医科歯科大学院疾患生命・細胞組織制御学特論 第1回講義 2009.5.8 東京
  9. 芝崎 太:MUSTag法による蛋白バイオマーカーの超高感度多項目測定と簡易・迅速診断への応用. 臨床検査学会 日本臨床検査医学会 第66回関東・甲信越支部例会 2009.5.16 東京
  10. 芝崎 太:橋渡し研究を中心とした産官学医連携による「疾患フリーライフ」の実現. 東京都技術会議ラボネット2009. 2009.5.25 東京
  11. 吉澤利弘、齋藤正明、新貝尚子、沖田奈津子、稲川利光、宮川統弥、岩田典子、芝崎 太 : 後部帯状回血流低下の目立たない健忘型MCIにおける海馬傍回萎縮と髄駅リン酸化タウの検討. 第50回 日本神経学会総会、2009,5.20-22, 仙台
  12. 芝崎 太:MUSTag法による蛋白バイオマーカーの超高感度多項目測定と簡易・迅速診断への応用.日本臨床検査医学会 第66回関東・甲信越支部例会.2009.05.16 東京(招待講演)
  13. 川島育夫:明治薬科大学・大学院特別講義 2009.6.1. 東京・清瀬
  14. 芝崎 太:低酸素ストレスと病態(1)理工学研究科 応用生物科学専攻分子遺伝病 専攻分野 「遺伝病の分子病理と治療法開発」(連携大学院)東京理科大講義第1回 2009.6.1 千葉県・野田
  15. 芝崎 太:低酸素ストレスと病態(2)理工学研究科 応用生物科学専攻分子遺伝病 専攻分野 「遺伝病の分子病理と治療法開発」(連携大学院)東京理科大講義第2回 2009.6.8 千葉県・野田
  16. 陳リー:HUVEC細胞においてInt6のノックダウンによる低酸素反応性因子(HIF2)の活性を介するIL-6の産生と血管新生の関連.第8回Cell Biology Summer Meeting 2009 「細胞死と増殖の理解から新しい診断と治療を模索する」2009.7.11-12 茨城・つくば
  17. Alexander Endler: Splice variants of hARNT1 and SRC1e reveal novel transcriptional regulations related to TCDD and estrogen response. 第8回Cell Biology Summer Meeting 2009 「細胞死と増殖の理解から新しい診断と治療を模索する」2009.7.11-12 茨城・つくば
  18. 森實芳仁:超高感度多項目測定法(MUSTag法)の基盤技術の確立と分子標的診断への応用. 第8回Cell Biology Summer Meeting 2009「細胞死と増殖の理解から新しい診断と治療を模索する」 2009.7.11-12 茨城・つくば
  19. 田島陽一:ケミカルシャペロンによるポンペ病変異酵素の安定化作用の解析. 第8回Cell Biology Summer Meeting 2009「細胞死と増殖の理解から新しい診断と治療を模索する」2009.7.11-12 茨城・つくば
  20. 芝崎 太:今、科学は進歩している! ~早期完治への応用研究~ 平成21年度 臨床研カレッジ「生命を支える病態医科学」都民のためのバイオサイエンスセミナー. 2009.6.25 東京
  21. 芝崎 太:産学連携体制を基盤としたバイオマーカーの利用による次世代の診断法の開発.三重大学大学院 特別講演 2009.6.30 三重
  22. 森實芳仁、鎌田裕子、石川雄一郎、槇坂典子、金子 愛、木村高弘、車 英俊、頴川 晋、芝崎 太: 超高感度同時多項目測定法 (MUSTag法) の基盤技術の確立と分子標的診断への応用. 第8回Cell Biology Summer Meeting (CBSM2009) 「細胞死と増殖の理解から,新しい診断と治療を模索する.」, 2009, 7.11-12, 茨城・つくば
  23. Sakuraba H, Tajima Y, Kawashima I, Takahiro T, Sugawara K, Kuroda M, Suzuki T, Togawa T, Chiba Y, Jigami Y, Ohno K, Fukushige T, Kanekura T, Itoh K, Ohashi T, And Itoh K.: Development of new enzyme replacement therapy for Fabry disease utilizing a modified a-N-acetylgalactosaminidase. The 3rd International Symposium of Lysosomal Storage Diseases/The 14thJapanese Society for Lysosomal Storage Diseases. 2009. 9.26-27, Nagoya.
  24. Kuroda M, Suzuki T, Kotani M, Tajima Y, Kawashima I, Togawa T, Sugawara K. and Sakuraba H.: Characterization of the neurospere from a Sandhoff disease model mouse. The 3rd International Symposium of Lysosomal Storage Diseases/The 14th Japanese Society for LysosomalStorage Diseases. 2009. 9.26-27, Nagoya.
  25. Tsukimura T, Tajima Y, Kawashima I, Chiba Y, Sugawara K, Suzuki T, Togawa T, and Sakuraba H.: Stabilization of the M51I mutant a-galactosidase by imino sugar. The 3rd International Symposium of Lysosomal Storage Diseases/The 14th Japanese Society for Lysosomal Storage Diseases. 2009. 9.26-27, Nagoya.
  26. Toda T, Nakamura M, Shibasaki F, Yoshizawa T.: Proteome Analysis of Carbonyl Proteins in Cerebrospinal Fluid by Cy5-Hydrazyde labeling. HUPO2009 World Congress 2009.9.26 Toronto, CANADA.
  27. 森實芳仁、陳 リー、芝崎 太: 超高感度同時多項目測定法 (MUSTag法) を用いた血管新生因子のプロファイリング. 第68回日本癌学会学術総会, 2009, 10.1-3, 神奈川・横浜
  28. 芝崎 太、陳リー、森實芳仁:低酸素非依存的な新規HIF2抑制因子Int6/eIF3eによるマウスでの正常動静脈新生. 第68回日本学会総会 2009, 10.1-3, 神奈川・横浜
  29. 川島育夫:リソソーム病に対するより有効な酵素補充療法を目指して。平成21年度東京都臨床医学総合研究所 ポスター発表会. 10.15. 東京
  30. 内藤暁宏:超高速PCRを用いたインフルエンザ遺伝子診断法の開発. 平成21年度東京都臨床医学総合研究所 ポスター発表会、2009.10.15 東京
  31. 月村考宏、田島陽一、川島育夫、千葉靖典、菅原佳奈子、鈴木俊宏、兎川忠靖、千葉靖典、桜庭 均:基質アナログにより安定化する変異α-ガラクトシダーゼの性状解析。第82回日本生化学会大会. 2009. 10. 21-24. 神戸
  32. 黒田麻祐子、鈴木俊宏、小谷政晴、田島陽一、川島育夫、兎川忠靖、菅原佳奈子、桜庭 均:Sandhoff病モデルマウス由来ニューロスフェアの生化学的特徴。第82回日本生化学会大会. 2009. 10. 21-24. 神戸
  33. 川島育夫、田島陽一、芝崎 太、福重智子、神崎 保、金蔵拓郎、月村考宏、桜庭 均:リソソーム病酵素補充療法における酵素投与法の検討。第82回日本生化学会大会. 2009. 10. 21-24. 神戸
  34. 田島陽一、月村考宏、川島育夫、芝崎 太、桜庭 均:ケミカルシャペロンによるポンペ病変異酵素の安定化作用の解析。第82回日本生化学会大会. 2009. 10. 21-24. 神戸
  35. 兎川忠靖、鈴木俊宏、菅原佳奈子、月村考宏、川島育夫、桜庭 均:ファブリー病の新規マーカーとしての血中リゾ-CTHの測定。第82回日本生化学会大会. 2009. 10. 21-24. 神戸
  36. 大森惇子、岩田典子、大坪渉、網野比佐子、坂元君年、M. Khyrul Islam、辻 尚利、北 潔 : ブタ回虫の宿主体内移行におけるミトコンドリア呼吸鎖の変動. 第82回日本生化学会大会、2009, 10.21-24, 神戸
  37. 櫻井 陽:超高速定量RT-PCRを用いたインフルエンザウイルス亜型識別法 第57回日本ウイルス学会 2009.10.25. 東京
  38. 森實芳仁、槇坂典子:「超高感度同時多項目バイオマーカー診断法の開発」 産業交流展 2009, 11.4-6, 東京・江東区
  39. 黒田麻祐子、鈴木俊宏、兎川忠靖、菅原佳奈子、小谷政晴、田島陽一、川島育夫、桜庭 均:Sandfoff病モデルマウス由来ニューロスフェアの樹立:第51回日本先天代謝異常学会. 2009. 11. 5-7. 東京
  40. 月村考宏、田島陽一、川島育夫、千葉靖典、菅原佳奈子、鈴木俊宏、兎川忠靖、桜庭 均:基質アナログによる変異α-ガラクトシダーゼの安定化機構の解明:第51回日本先天代謝異常学会. 2009. 11. 5-7. 東京
  41. 田島陽一、月村考宏、川島育夫、芝崎 太、桜庭 均:遅発型ポンペ病細胞におけるデオキシノジリマイシン誘導体のケミカルシャペロン作用の検討:第51回日本先天代謝異常学会. 2009. 11. 5-7. 東京
  42. 川島育夫、芝崎 太、菅原佳奈子、桜庭 均:テイサックス病における変異酵素蛋白質の構造特性。第51回日本先天代謝異常学会. 2009. 11. 5-7. 東京
  43. 内藤暁宏:超高速PCRを用いたインフルエンザ遺伝子診断法の開発. 首都大・バイオコンファレンス2009、2009.11.6 東京
  44. 芝崎 太:朝日生命成人病研究所での「分泌セミナー」2009.11.07. 東京
  45. 芝崎 太:MUSTag法による蛋白バイオマーカーの超高感度多項目測定と簡易・迅速診断への応用. 神戸市立医療センター中央市民病院 サイトカインセミナー 2009.11.24. 神戸
  46. 森實芳仁、鎌田裕子、石川雄一郎、槇坂典子、金子 愛、木村高弘、車 英俊、頴川 晋、芝崎 太: 超高感度同時多項目測定法 (MUSTag法) の基盤技術の確立と分子標的診断への応用. 第32回日本分子生物学会年会, 2009, 12.9-12, 神奈川・横浜
  47. 櫻井 陽 内藤暁宏 野村奈美子 芝崎 太:Rapidly idenfication influenza virus subtype by using the original high speed quantitative real-time PCR 第32回日本分子生物学会年会, 2009, 12.9-12, 神奈川・横浜 
  48. 芝崎 太 陳リー、内田和代、Alexander Endler、堀口慎一郎、内野博之:Int6はHIF2を負に制御する正常血管新生のマスタースイッチとして作用する. 第32回日本分子生物学会年会, 2009, 12.9-12, 神奈川・横浜
  49. 芝崎 太:脅威の致死率50%:強毒型鳥インフルエンザは本当に来るの? 東京都臨床医学総合研究所 サイエンスカフェ 2009.12.13 東京
  50. 内藤暁宏、野村奈美子、森實芳仁、櫻井 陽、芝崎 太、児玉 崇、大林民典、後藤 薫:超高速リアルタイムPCRを用いたインフルエンザ診断. 平成21年度東京都福祉保健医療学会、2009.12.19 東京
  51. 野村奈美子、内藤暁宏、森實芳仁、櫻井 陽、芝崎 太、児玉 崇、大林民典、後藤 薫:新型トリインフルエンザ迅速遺伝子診断法の開発. 平成21年度東京都福祉保健医療学会、2009.12.19 東京
  52. 芝崎 太、森實芳仁、槇坂典子、丸山健一:MUSTag法の概要と臨床応用 宇多野病院合同カンファレンス. 2009.12.24 京都
  53. 芝崎 太:高感度同時多項目測定MUSTag法によるサイトカイン網羅的測定への応用.神戸市立医療センター中央市民病院 サイトカインセミナー. 2010.1.23 神戸
  54. 村上佳知美、芝崎 太:ものづくりベンチャー:製造から創造、そして診断へ 産業技術大学技術経営交流会 2010.2.12 東京
  55. 森實芳仁、早川英毅、岩田典子、金子 愛、槇坂典子、芝崎 太: MUSTag法を用いた体外診断薬の開発と産学医連携. 第9回研究交流フォーラム, 2010, 3.11, 東京・世田谷区
  56. 菅原佳奈子、川島育夫、田島陽一、月村考宏、兎川忠靖、鈴木俊宏、千葉靖典、地神芳文、桜庭 均:酵母で生産した新規高機能酵素によるファブリー病酵素補充療法の開発。日本薬学会第130年会. 2010. 3.28-30. 岡山


ページトップへ

2008年度学会発表

2017-03-10

2008年度学会発表

  1. 芝崎 太:超高感度多項目解析(MUSTag)法による次世代診断.第18回日本臨床化学会九州支部総会.第52回日本臨床検査医学会九州地方会.特別講演 2008.2.16 福岡
  2. 森實芳仁、樅山博章、陳リー、内田和代、石川雄一郎、山田陽子、槇坂典子、小俣結子、芝崎 太: 超高感度同時多項目アッセイ(MUSTag)法の臨床応用.第7回研究交流フォーラム.2008.2.27 東京・新宿区
  3. 芝崎 太:高感度同時多項目バイオマーカー検出技術. NTVPカンファレンス(慶応大学三田キャンパス) 2008.2.28 東京
  4. 内野博之、諸田沙織、寿美哲生:シンポジウム.肝細胞傷害形成における肝ミトコンドリア膜透過性亢進誘発性ROS産生の基礎的解析ラットと人肝ミトコンドリアを用いての検討.第17回消化器とフリーラジカル研究会Public Peer Review Symposium.2008年2月 京都
  5. 芝崎 太:MUSTag法の臨床応用に向けた取り組み.コニカMG社技術セミナー特別講演.2008.3.7 日野
  6. 芝崎 太、陳リー、内田和代、Alexander Endler、内野博之:siRNA医薬のターゲット分子;虚血のシグナル分子Int-6. 日本薬理学会テクニカルセミナー 2008.3.19 横浜
  7. 芝崎 太、内野博之:虚血性脳障害のメカニズム:シクロスポリンに代わる新たな創薬を目指して.香川脳神経研究会第1回定例研究会.特別講演 2008.3.28 高松
  8. 芝崎 太:MUSTagの臨床応用.東京BI Net 第1回会議2008.4.17 東京
  9. 芝崎 太:東京医科歯科大学院疾患生命・細胞組織制御学特論 第1回講義。2008.5.1 東京
  10. F.,Shibasaki, Y., Morizane, N., Makisaka, Y., Komata, and Y., Ishikawa,: Simultaneous Validation of Multiple Biomarkers by A Novel MUSTag Technology. 65th KSBMB Annual Meeting, Luncheon Seminar 2008.5.9 Seoul, Korea
  11. F., Shibasaki: Special Seminar, Clinical Development of Biomarkers by MUSTag Technology. Korea Choong-Wae Pharmaceiticals. 2008.5.8 Seoul, Korea
  12. 芝崎 太:免疫抑制から神経保護作用へ:シクロスポリンの分子クロストーク.「明らかになるシクロスポリンの新たなProfile」第49回日本神経学会総会ランチョンセミナー 2008.5.15 パシフィコ横浜
  13. Uchino, H.: The potential pathophysiological role of the mitochondrial permeability transition in human brain disorder. Key note lecture at the Department of Clinical Sciences, Laboratory for Experimental Brain Research at Lund University, 2008.May, Sweden (Lund)
  14. F., SHIBASAKI, Y., ISHIKAWA, Y., Morizane, L., Chen, K., Uchida, Y., Yamada, and H., UCHINO: Multi-Biomarker Validation with Immuno-PCR Modified MUSTag Technology. 8th Annual International Proteomics Conference. 2008.5.29 Jeju, Korea
  15. Hirabayashi, G., Uchino, H., and Nakajima, T: Effect of temperature gradient reduction:Comparison of Drager 800 plus, Dragersorb Free and Amsorb plus. The European Anesthesiology Congress Euroanaesthesia 2008, May (Copenhagen)
  16. Uchino, H., Hansson, M., and Morota, S.: Novel detection of cyclophilin D sensitive calcium-induced mitochondrial permeability transition from the adult human brain. Trauma Care, 21st International Trauma Care Symposium. 2008, June. Yokohama
  17. 内野博之、諸田沙織、Elmér, E.:ヒトの脳および肝におけるCa2+負荷誘発性Cyclophilin D感受性ミトコンドリア内膜透過性亢進現象の基礎的解析.第55回日本麻酔学会総会 2008年6月横浜
  18. 芝崎 太:低酸素ストレスと病態(1)理工学研究科 応用生物科学専攻分子遺伝病 専攻分野 「遺伝病の分子病理と治療法開発」(連携大学院)東京理科大講義第1回 2008.6.23 千葉県野田
  19. 芝崎 太:低酸素ストレスと病態(2)理工学研究科 応用生物科学専攻分子遺伝病 専攻分野 「遺伝病の分子病理と治療法開発」(連携大学院)東京理科大講義第2回 2008.6.23 千葉県野田
  20. 森實芳仁、鎌田裕子、山田陽子、石川雄一郎、槇坂典子、高木麻希子、木村高弘、車 英俊、田島 陽一、川島育夫、櫻庭 均、川名 敬、頴川 晋、芝崎 太:超高感度同時多項目測定法 (MUSTag法) を用いたタンパク質バイオマーカーの臨床プロファイリング (MAP) 診断.第7回Cell Biology Summer Meeting 2008 「分子レベルの診断・治療をめざす網羅的戦略」 2008.7.5-6 千葉・鴨川
  21. 陳リー、内田和代、Alexander Endler, 芝崎 太 :Int6のノックダウンによる低酸素反応性因子(HIF2α)の活性調節と正常血管創生.第6回Cell Biology Summer Meeting 2008,7.5-6千葉・鴨川
  22. 岩田典子、大坪渉、新庄記子、坂元君年、網野比佐子、M. Khyrul Islam、辻 尚利、北 潔、芝崎 太: ブタ回虫の宿主体内移行におけるミトコンドリア複合体IIサブユニット組成の変化.第7回Cell Biology Summer Meeting 2008 「分子レベルの診断・治療をめざす網羅的戦略」 2008.7.5-6 千葉・鴨川
  23. 早川英毅、槇坂典子、小俣結子、森實芳仁、石川雄一郎、芝崎 太:MUSTagの基本原理と3 plex cytokine assay. 第7回Cell Biology Summer Meeting 2008 「分子レベルの診断・治療をめざす網羅的戦略」 2008.7.5-6 千葉・鴨川
  24. 芝崎 太:バイオマーカーの臨床応用に向けた基盤技術と包括的な産官学医連携.三研究所交流セミナー 2008.7.11 精神研 東京
  25. 小倉 潔、川島育夫、石川雄一郎、島村眞理子、佐藤眞友美、清水元武:GEF-1/Hgs発現調節によりがん転移能の変化したマウスメラノーマB16細胞の網羅的遺伝子発現解析.がん転移学会学術研究会 2008.7.23-7.25 鹿児島 
  26. 伊藤孝司、辻 大輔、松岡和彦、宮崎絵梨、明星裕美、笠原由子、千葉靖典、川島育夫、櫻庭 均、地神芳文:Sandhoff病モデルマウスに対する組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳内補充効果.第28回日本糖質学会年会 2008.8.18-20 つくば市
  27. 芝崎 太、森實芳仁、石川雄一郎、槇坂典子、小俣結子:「分析化学が支える社会の安心・安全」バイオマーカー分析がもたらす次世代の健康管理.日本分析化学会57年会シンポジウム2008.9.12 福岡
  28. 橋本拓弥:マウス下肢虚血モデルにおけるInt6抑制による下肢血流の改善―低酸素反応性因子HIF2の誘導を介した血管新生の可能性.平成20年度臨床研ポスター発表会 2008.10.16 東京
  29. 森實芳仁:超高感度同時多項目測定法 (MUSTag法) を用いたタンパク質バイオマーカーの臨床プロファイリング (MAP) 診断.平成20年度臨床研ポスター発表会 2008.10.16 東京・文京区
  30. F., Shibasaki, L., Chen, K., Uchida, A., Endler, S., Horiguchi, Y., Suzuki and M., Toi, KSMBMB: Novel Function of Int6/HIF2 Pathway in Physiological Angiogenesis. Annual International Conference.2008.10.30 Seoul, Korea
  31. 森實芳仁、鎌田裕子、車 英俊、三木淳、川名 敬、頴川 晋、芝崎 太:超高感度同時多項目測定法(MUSTag法)を用いた蛋白バイオマーカーの臨床プロファイリング(MAP)診断.第67回日本癌学会学術総会 2008.10.28-30名古屋
  32. F., Shibasaki, L., Chen, and M., Toi: siRNA-Int6 triggers normal angiogenesis directly by hypoxia-independent stabilization of HIF2alpha. 第67回日本癌学会学術総会 2008.10.28-30名古屋
  33. L., Chen, M., Toi, and F., Shibasaki: eIF3e/Int6 Specifically Degradate HIF-2By Hypoxia- And pVHL-Independent Regulation. 第67回日本癌学会学術総会 2008.10.28-30名古屋
  34. 小倉 潔、川島育夫、石川雄一郎、佐藤眞友美、清水元武:Hgs発現調節によりがん転移能の変化したメラノーマB16細胞の網羅的遺伝子解析.第67回日本癌学会学術総会.2008.10.28-30名古屋
  35. 櫻庭 均、川島育夫、月村考宏、田島陽一、芝崎 太、福重智子、神崎 保、金蔵拓郎:リソソーム病酵素補充療法に用いる酵素の脳移行のための試み.第50回日本先天代謝異常学会、第7回アジア先天代謝異常学会 2008.11.6-8 米子市
  36. 田島陽一、菅原佳奈子、大野一樹、斉藤誠司、川島育夫、月村考宏、芝崎 太、櫻庭 均:組換えヒトα-ガラクトシダーゼとその基質アナログとの分子間相互作用と酵素増強作用の解析.第50回日本先天代謝異常学会、第7回アジア先天代謝異常学会。2008.11.6-8 米子市
  37. 櫻庭 均、月村考宏、田島陽一、川島育夫、芝崎 太:基質アナログによる変異α-ガラクトシダーゼの安定化.第50回日本先天代謝異常学会、第7回アジア先天代謝異常学会2008.11.6-8 米子市
  38. 芝崎 太:東京医科歯科大学院疾患生命・細胞組織制御学特論 国際産学リンケージ演習.第2回講義.2008.12.1 東京
  39. 芝崎 太、陳リー、内田和代、Alexander Endler:Int6によるHIF2αの低酸素非依存的な正常血管新生制御とInt6-siRNAを用いた創薬. BMB2008 2008.12.9-12 兵庫・神戸
  40. 森實芳仁、鎌田裕子、山田陽子、石川雄一郎、槇坂典子、高木麻希子、木村高弘、車 英俊、田島 陽一、川島育夫、川名 敬、櫻庭 均、頴川 晋、芝崎 太:超高感度同時多項目測定法 (MUSTag法) を用いたタンパク質バイオマーカーの臨床プロファイリング (MAP) 診断. BMB2008 2008.12.9-12 兵庫・神戸
  41. 陳リー、内田和代、Alexander Endler, 芝崎 太 :siRNA-Int6 による低酸素反応性因子(HIF2α)の活性調節と正常血管創生との関係 BMB2008 2008.12.9-12 兵庫・神戸
  42. 川島育夫、渡部和彦、田島陽一、芝崎 太、福重智子、神崎 保、金蔵拓郎、桜庭 均:ファブリー病モデルマウスからのシュワン細胞株の樹立と当該細胞株へのα-ガラクトシダーゼの取り込み効果.BMB2008 2008.12.9-12 神戸市
  43. 田島陽一、吉水満智留、大野一樹、月村考宏、川島育夫、岩本邦彦、小林俊秀、芝崎 太、櫻庭 均:組み換えヒト酸性α-グルコシダーゼとその基質アナログであるデオキシノジリマイシン誘導体との分子間相互作用・複合体形成メカニズムの解析.BMB2008 2008.12.9-12 神戸市
  44. 辻 大輔、宮崎絵梨、松岡和彦、明星裕美、笠原由子、千葉靖典、地神芳文、川島育夫、櫻庭 均、伊藤孝司:Sandhoff病モデルマウスに対するメタノール資化性酵母由来ヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳内補充効果.BMB2008 2008.12.9-12 神戸市

ページトップへ

2007年度学会発表

2017-03-10

2007年度学会発表

  1. 芝崎 太:「MUSTagの原理と臨床応用への可能性」東京医科大学・消化器外科セミナー.2007.1.25 八王子
  2. 芝崎 太:「MUSTag Technologyによる超高感度同時多項目診断および診断の世界的同行」JSR株式会社つくば研究所セミナー.2007.2.1 つくば
  3. Futoshi Shibasaki:”Simultaneous Validation of Multiple Biomarkers by A Novel MUSTag Technology”.The Korean human Proteomics Organization Conference(KHUPO)2007.3.28-31, Seoul, Korea
  4. Futoshi Shibasaki: “Simultaneous Validation of Multiple Biomarkers by A Novel MUSTag Technology” Stratagene Co., Ltd. Seminar, San Diego, USA 2007.5.21
  5. Futoshi Shibasaki: “Simultaneous Validation of Multiple Biomarkers by A Novel MUSTag Technology”Agilent Co., Ltd. Seminar, San Diego, USA 2007.5.21
  6. Futoshi Shibasaki: “Simultaneous Validation of Multiple Biomarkers by A Novel MUSTag Technology” IRIS Diagnostics Seminar, San Diego, USA 2007.5.21
  7. 芝崎 太:「病気の分子医学」都民カレッジ2007.6.7 東京
  8. 笹木俊哉、石川雄一郎、山田陽子、槇坂典子、小俣結子、森實芳仁、樅山博章、芝崎 太:MUSTag technologyによるサイトカインの高感度な同時多項目検出 第6回国際バイオEXPO 2007.6.20-22 東京・江東区
  9. 芝崎 太:HIF2の新規抑制因子Int6 による制御機構とInt6-siRNAを用いた正常血管新生.第11回がん分子標的治療研究会総会. 20077.5-6 大阪
  10. Li Chen, Kazuyo Uchida, Alexander Endler, Osamu Iijima and Futoshi Shibasaki: Int6: “New Target for Angiogenesis (1): eIF3e/int6 Specifically Targets HIF-2 For Degradation By Hypoxia- And pVHL-Independent Regulation”. 4th Annual Symposium of the American Heart Association Council on Basic Cardiovascular Sciences, 2007.7.30-8.2. the Keystone Conference Center, Keystone, Colorado, USA
  11. Li Chen, Kazuyo Uchida, Alexander Endler, Shin-ichiroHoriguchi, Yosuke Suzuki and Futoshi Shibasaki “Int6: New Target for Angiogenesis (2): Int6 Triggers Normal Angiogenesis in Mouse Skin Directly by Hypoxia-Independent Stabilisation of HIF-2”. 4th Annual Symposium of the American Heart Association Council on Basic Cardiovascular Sciences, 2007.7.30-8.2. the Keystone Conference Center, Keystone, Colorado, USA
  12. Takashi Ninomiya, Masayuki Suzuki, Hidenori Yazawa, Li Chen, Kazuyo Uchida, Futoshi Shibasaki, Yosuke Suzuki: Int6: A New Target for Angiogenesis (3)–Small Interfering RNA (siRNA) for Therapeutic Normal Induction of Angiogenesis. 4th Annual Symposium of the American Heart Association Council on Basic Cardiovascular Sciences, 2007.7.30-8.2. the Keystone Conference Center, Keystone, Colorado, USA
  13. 石川雄一郎:MUSTagの基本原理と3plex cytokine assay。第6回Cell Biology Summer Meeting 2007 「治療と診断の融合~Theranostics~」 2007.7.27-29 静岡・伊東
  14. 陳りー、内田和代、Alexander Endler、飯島 修、芝崎 太: Int6 specifically targets HIF-2alpha to degradation by hypoxia- and pVHL- independent regulation.  第6回Cell Biology Summer Meeting 2007 「治療と診断の融合~Theranostics~」 2007.7.27-29 静岡・伊東
  15. 森實芳仁、樅山博章、陳 リー、内田和代、芝崎 太:MUSTagを用いた血管新生因子の多項目測定 第6回Cell Biology Summer Meeting 2007 「治療と診断の融合~Theranostics~」 2007.7.27-29 静岡・伊東
  16. 樅山博章、森實芳仁、陳 リー、内田和代、芝崎 太:MUSTagを用いた血管新生因子の多項目測定 第6回Cell Biology Summer Meeting 2007 「治療と診断の融合~Theranostics~」 2007.7.27-29 静岡・伊東
  17. 山田陽子,槇坂典子,芝崎太:ImpacTagによるHCVの高感度測定。第6回Cell Biology Summer Meeting 2007「治療と診断の融合」2007.7.27-28 静岡
  18. 槙坂典子、山田陽子、石川雄一郎、芝崎太:磁気ビーズを用いたサイトカイン3Plexの高感度多項目MUSTagアッセイ。第6回Cell Biology Summer Meeting 2007「治療と診断の融合」。2007.7.27-28 静岡
  19. 飯島修、陳リー、内田和代、鈴木要介、野澤厳、芝崎太:Int6-siRNAによる血管新生の作用機序の解明. 第6回Cell Biology Summer Meeting 2007「治療と診断の融合」。2007.7.27-28 静岡
  20. 小俣結子,槇坂典子,石川雄一郎,芝崎太:MUSTagの基本原理と3plex cytokine assay。第6回Cell Biology Summer Meeting 2007「治療と診断の融合」。2007.7.27-28 静岡
  21. 内野 博之、芝崎 太「脳虚血侵襲と脳保護」第6回Cell Biology Summer Meeting 2007「治療と診断の融合」。2007.7.27-28 静岡
  22. 芝崎 太:「MUSTagの大腸癌診断への応用」東京医科大学・消化器外科セミナー.2007.6.29 八王子
  23. Li Chen, Kazuyo Uchida, Alexander Endler, Shin-ichiro Horiguchi, Yosuke Suzuki and Futoshi Shibasaki: “Int6 Triggers Normal Angiogenesis in Mouse Skin Directly by Hypoxia-Independent Stabilisation of HIF-2 "第66回日本癌学会学術総会 2007.10.3-5 横浜
  24. 内野博之、芝崎 太、石井脩夫:虚血性脳障害におけるミトコンドリア機能不全の役割と麻酔薬による脳保護の可能性.日本蘇生学会第26回大会.2007.10.4-6 岡山
  25. Futoshi SHIBASAKI, Yu-ichiro ISHIKAWA, Yoshihito MORIZANE, Li CHEN, Kazuyo UCHIDA, Noriko MAKISAKA, Yoko YAMADA, Yuko KOMATA, Hiroyuki UCHINO: “Simultaneous and Super-Sensitive Validation of Multiple Biomarkers by Novel MUSTag Technology” HUPO 6th Annual World Congress, 2007.10.6-10, Seoul, Korea
  26. 森實芳仁、樅山博章、陳 リー、内田和代、石川雄一郎、山田陽子、槇坂典子、小俣結、芝崎 太:超高感度同時多項目測定法を用いた血管新生因子の測定 平成19年度臨床研ポスター発表会 2007.10.18 東京・文京区
  27. 芝崎 太:「MUSTagの原理と臨床応用への可能性」慈恵医大・泌尿器科セミナー.2007.10.24 東京
  28. 森實芳仁、樅山博章、陳 リー、内田和代、石川雄一郎、山田陽子、槇坂典子、小俣結、芝崎 太:超高感度同時多項目測定法を用いた血管新生因子の測定 首都大バイオコンファレンス2007 2007.10.25 東京・八王子
  29. 内野博之、芝崎 太、石井脩夫:神経麻酔集中治療における脳障害のメカニズム解明と脳保護法確立のための戦略.日本臨床麻酔学会第27回大会.2007.10.25-27 東京
  30. 芝崎 太:「疾患モデルシステム論:血管を創る:siRNAを用いたマウスでの血管新生誘導と臨床応用」東大医科学研究所・大学院集中講義.2007.10.30 東京
  31. Futoshi Shibasaki, Li Chen, Kazuyo Uchida, Alexander Endler, Shin-ichiro Horiguchi, Yosuke Suzuki and Toi Masakazu: “Novel Function of Int6/HIF2 Pathway in Neovascularization and Tumorigenesis” Organisation for Oncology and Translational Research 4th Annual Conference(OOTR) Conference. 2007.11.9-10 Kyoto
  32. 芝崎 太:「血管新生因子による血管制御機構」東京理科大学理工学部応用生物科学科特別講義 2007.11.3 千葉
  33. 石川雄一郎:MUSTagの基本原理とその応用。第9回群馬大学バイオフォーラム「pre & post QPCRの最前線」. 2007.11.13 群馬
  34. 桜庭 均、田島陽一、松澤史子、相川聖一、吉水美智留、月村考宏、奥宮敏可、辻野精一、芝崎 太:ポンペ病およびpsedodeficiencyと思われる症例群の分子病態の解明。第49回日本先天代謝異常学会、第6回アジア先天代謝異常学会 2007.11.15-17、山形
  35. 桜庭 均、川島育夫、渡部和彦、田島陽一、福重智子、神崎 保、金蔵拓郎:ファブリ−病マウスからシュワン細胞株の樹立とその細胞への組み換えα-ガラクトシダーゼの取込み。第49回日本先天代謝異常学会、第6回アジア先天代謝異常学会 2007.11.15-17、山形
  36. 芝崎 太:「同時多項目高感度バイオマーカー測定と臨床応用」東京理科大学理工学部応用生物科学科特別講義 2007.11.17千葉
  37. 陳リー、内田和代、飯島 修、森實芳仁、芝崎 太:「低酸素因子HIF2に関わるInt6のNegative Feedback制御」第5回がんとハイポキシア研究会 2007.12.1 千葉・柏
  38. 森實 芳仁、樅山博章、陳 リー、内田 和代、石川雄一郎、山田陽子、槇坂典子、小俣結、芝崎 太:超高感度同時多項目検出法 (MUSTag法) を用いた血管新生因子のプロファイリング 第5回がんとハイポキシア研究会 2007.12.1 千葉・柏
  39. 芝崎 太、陳りー、内田和代、Endler Alexander、堀口慎一郎、飯島修、鈴木要介、戸井雅和.「低酸素反応性因子HIF2の新規抑制因子Int6を標的としたsiRNAによる正常血管新生」第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会2007.12.11-15横浜
  40. 飯島修、陳リー、内田和代、鈴木要介、野澤厳、芝崎太:Int6-siRNAによる血管新生の作用機序の解明. 第30 回日本分子生物学会年会・第80 回日本生化学会大会 合同大会 2007.12.14. 神奈川・横浜
  41. 陳リー、内田和代、Alexander Endler、飯島修、芝崎太:新規結合因子eIF3e/Int6によるHIF2の低酸素非依存的な制御機序.第30 回日本分子生物学会年会・第80 回日本生化学会大会 合同大会 2007.12.14. 神奈川・横浜
  42. Yuichiro ISHIAKWA, Yuko KOMATA, Makiko TAKAGI, Futoshi SHIBASAKI:Basic of MUSTag methods, and simultaneous detection of 3 kind of antigens.  第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会2007.12.11-15横浜
  43. 森實芳仁、樅山博章、陳 リー、内田和代、芝崎 太:超高感度同時多項目検出法 (MUSTag法) を用いた血管新生因子のプロファイリング BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会) 2007.12.11-15 神奈川・横浜
  44. 山田陽子,石川雄一郎,槇坂典子,田島陽一,櫻庭均,芝崎太:高感度多項目測定技術(MUSTag)を用いたFabry病の新規診断法の確立。第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会。2007.12.13-16 神奈川・横浜
  45. 田島陽一、松澤史子、相川聖一、吉水美智留、月村考宏、奥宮敏可、辻野精一、芝崎 太、桜庭 均:ポンペ病およびpsedodeficiencyと思われる症例群の分子病態の解明。第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会。2007.12.13-16 神奈川・横浜
  46. 川島育夫、田島陽一、小谷政晴、竹内一郎、猪又孝元、和泉 徹、桜庭 均:心臓型ファブリー病と臨床及び病理学的に酷似した心臓型リン脂質蓄積症. 第一例目と思われる「リソソーム性リン脂質蓄積症」症例の臨床的、生化学的解析-。第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会。2007.12.13-16 神奈川・横浜
  47. 山田陽子,高木麻希子,笹木俊哉,石川雄一郎,槇坂典子,森實芳仁,小俣結子,樅山博章,田島陽一,川島育夫,月村考宏,櫻庭均,芝崎太:濾紙血を用いたFabry病の新規高感度診断法。平成19年度東京都福祉保健医療学会。2007.12.18 東京

ページトップへ

2006年度学会発表

2017-03-10

2006年度学会発表

  1. 芝崎 太、平沼秀記、石川雄一郎:超高感度同時多項目バイオマーカー検出技術、Multiple Simultaneous Tag (MUSTag)法:MUSTag Insideを目指して。第9回 ナノメディシン研究会 第3回 次世代治療技術開発のための細胞組織・分子機能の計測・制御研究会。2006.2.4 東京
  2. 芝崎 太、石川雄一郎、平沼秀記、内野博之:蛋白質バイオマーカーを用いた超感度同時多項目測定による脳機能のモニターリング。第33回日本集中治療医学会 シンポジウム「脳指向型集中治療の現状と未来」2006.3.2 東京
  3. 芝崎 太、陳りー、内田和代:血管新生療法に向けたsiRNA薬の開発。第5回臨床研研究交流フォーラム 2006.3.3 東京
  4. 芝崎 太、陳リー、内田和代、Alexander Endler、堀口真一郎、戸井雅和:Int6はHIF-2??を介する血管新生のマスタースイッチか? 第3回がんとハイポキシア研究会 2006.3.4 大阪
  5. 陳リー、内田和代、Alexander Endler、芝崎 太:HIF-2?の新規制御因子Int6 (eIF3e/p48)による低酸素非依存的な癌化制御機構。第3回がんとハイポキシア研究会 2006.3.4 大阪
  6. 芝崎 太:超高感度多項目解析MUSTag法の応用。オリエンタル酵母社 2006.3.15 滋賀
  7. Futoshi Shibasaki, Li Chen, Kazuyo Uchida, and Alexander Endler, Shin-ichiro Horiguchi, Masakazu Toi, Yosuke Suzuki, and Iwao Nozawa: Silencing of A Novel Tumor Suppressor Int6/eIF3e Triggers Physiological Angiogenesis by hypoxia-independent Stabilization of HIF-2a. RNAi-2006-Boston meeting. 2006.5.1-3, Boston , USA
  8. 内野博之、芝崎 太:高感度多項目解析法の臨床応用。日本麻酔科学会第53回学術集会2006.6.12 神戸
  9. Futoshi Shibasaki, Li Chen, Kazuyo Uchida, and Alexander Endler, Shin-ichiro Horiguchi, Masakazu Toi: Silencing of A Novel Tumor Suppressor Int6/eIF3e Triggers Physiological Angiogenesis by hypoxia-independent Stabilization of HIF-2α. Herman Goslyn Lecture, Harvard Medical School 2006.5.4 Boston , USA
  10. Yu-Ichiro ISHIKAWA, Hidenori HIRANUMA, Naoko OHGIHARA, Noriko MAKISAKA, Yasuhiro KURODA, Hiroyuki UCHINO, and Futoshi SHIBASAKI: Super-Sensitive Multiplex Detection of Cytokines by Novel MUSTag Technology. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology.第20回国際生化学・分子生物学会議 2006.6.19-21 京都
  11. Futoshi Shibasaki, Li Chen, Kazuyo Uchida, and Alexander Endler: Silencing of A Novel Tumor Suppressor Int6/eIF3e Triggers Physiological Angiogenesis by hypoxia-independent Stabilization of HIF-2α 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology.第20回国際生化学・分子生物学会議 2006.6.19-21 京都
  12. Li Chen, Alexander Endler, Kazuyo Uchida, Futoshi Shibasaki: Hypoxia-Independent Degradation of HIF-2αThrough Direct Binding with A Novel Tumor Suppressor Factor Int6/eIF3e/p48. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology.第20回国際生化学・分子生物学会議 2006.6.19-21 京都
  13. 芝崎 太:低酸素反応性因子Hypoxic inducible factor (HIF) 第9回脳低温療法学会 教育講演 2006.7.7 東京
  14. 平沼秀記:Antibody-coated magnetic Beads を用いた3 Plex (3項目) MUSTag Assay とその臨床応用。第5回Cell Biology Summer Meeting 2006 「治療と診断法の新たな展開」. 2006.7.8-9 神奈川
  15. 石川雄一郎:超高感度同時多項目バイオマーカー検出技術。第5回Cell Biology Summer Meeting 2006 「治療と診断法の新たな展開」. 2006.7.8-9 神奈川
  16. Alex M Endler: A Novel Splice Variant of ARNT 1 , a Tanscription Factor involved in Hypoxia, Dioxin response and Estrogen Metabolism lacking the Steroid Receptor Binding Site and 2 D-Boxes. 第5回Cell Biology Summer Meeting 2006 「治療と診断法の新たな展開」. 2006.7.8-9 神奈川
  17. 陳リー、内田和代、Alexander Endler、堀口慎一郎、戸井雅和、石川雄一郎、芝崎 太:int6-siRNA による血管の創生: HIF-2a制御を介した新規血管新生療。第5回Cell Biology Summer Meeting 2006 「治療と診断法の新たな展開」. 2006.7.8-9 神奈川
  18. 芝崎 太:Cell Biology Summer Meetingにおける総括と今後の課題。第5回Cell Biology Summer Meeting 2006 「治療と診断法の新たな展開」. 2006.7.8-9 神奈川
  19. Futoshi Shibasaki: Super-sensitive multiplex detection of cytokines by novel MUSTag technology and clinical application. Seminar at A&G systems Co. 2006.7.15, Washington DC , USA
  20. 芝崎 太、陳りー、内田和代、戸井雅和:HIF-2αの新規制御因子Int6 (eIF3e/p48)による低酸素非依存的な血管新生機序と臨床応用。Alphagen Seminar。2006.8.7 東京
  21. 芝崎 太:超高感度同時多項目バイオマーカー検出技術と臨床応用。山口大学医学部救急救命部、特別セミナー。2006.8.29 山口
  22. 芝崎 太:超高感度同時多項目バイオマーカー検出技術と臨床応用。ヤマサ醤油・診断薬部、特別セミナー。2006.8.31 千葉
  23. Futoshi Shibasaki: Super-sensitive multiplex detection of cytokines by novel MUSTag technology and clinical application. Seminar at A&G systems Co. 2006.9.6, Minneapolis , USA
  24. 芝崎 太:超高感度同時多項目バイオマーカー検出技術:Multiple Simultaneous Tag(MUTSTUg) 第46回日本臨床化学会年次学術集会:テーマ「健康社会への貢献」法人シンポジウム「臨床化学の将来:バイオベンチャー新技術のインパクト」2006.9.8 東京
  25. 石川雄一郎:超高感度同時多項目バイオマーカー検出技術。臨床研所内ポスター発表会。2006.9.12 東京
  26. 芝崎 太、陳リー、内田和代、Alexander Endler、鈴木要介、堀口真一郎、戸井雅和:siRNAを介した血管創生の機序解明と臨床応用。首都大学バイオカンファレンス2006 2006.10.12 東京
  27. 芝崎 太、陳リー、内田和代、Alexander Endler、鈴木要介、堀口真一郎、戸井雅和、内野博之:HIF-2 の新規抑制因子Int6を標的としたsiRNAによる正常血管新生の臨床応用 第4回がんとハイポキシア研究会2006.11.10 京都
  28. 芝崎 太:超高感度同時多項目バイオマーカー検出技術の臨床応用―Multiple Simultaneous Tag (MUSTag) 法―厚労省班会議2006.11.18 東京
  29. 芝崎 太、陳リー、内田和代、Alexander Endler、鈴木要介、戸井雅和:HIF-2aの新規抑制因子Int6を標的としたsiRNAによる正常血管新生。第16回アンチセンスシンポジウム。2006.11.27 京都
  30. 鈴木要介、芝崎 太、陳リー、内田和代:HIF-2aの新規抑制因子Int6を標的としたsiRNAの創薬への応用。第16回アンチセンスシンポジウム。2006.11.27 京都
  31. 芝崎 太:超高感度同時多項目バイオマーカー検出技術の臨床応用―Multiple Simultaneous Tag (MUSTag) 法 第13回NTVPカンファレンス 2006.12.22 東京


ページトップへ

2005年度学会発表

2017-03-10

2005年度学会発表

  1. 芝崎 太:低酸素シグナルと疾患。第32回日本集中治療学会 教育講演 2005.02.25 東京
  2. 芝崎 太:「シグナル伝達と疾患コース」虚血のシグナル伝達.(財)神奈川科学技術アカデミー教育講座(東大医科研アムジェンホール)2005.3.10 東京
  3. 芝崎 太:ヒストンジアセチレース7(HDAC7)によるHIF-1α転写活性の制御. 第2回がんとハイポキシア研究会. 2005.3.12-13 筑波
  4. 芝崎 太:明日に架ける橋~トランスレーションリサーチの現状と今後の動向~臨床研・都立病院トランスレーションリサーチ「個の医療を目指した蛋白マーカーによる同時多項目診断」. 東京医大・東京薬科大学合同シンポジウム. 2005.3.19 東京
  5. 芝崎 太:酸素ストレスと疾患―2億5千年前から始まった低酸素との戦いー。第24回都民のための公開講演会. 2005.4.20 東京
  6. 芝崎 太:バイオストレスシグナル(1) 転写因子を介する増殖制御. 東京大学薬学大学院特別講義. 2005.6.10 東京
  7. 芝崎 太:バイオストレスシグナル(2) 虚血ストレスによる細胞死制御.東京大学薬学大学院特別講義 2005.6.17 東京
  8. 芝崎 太:低酸素ストレスとCa2+/calcineurinのクロストーク:神経変性と癌化からみた共通分子標的。第3回21世紀COE国内シンポジウム 神経疾患・悪性腫瘍に共通する病態機能分子。2005.7.1 名古屋大学
  9. 芝崎 太:バイオマーカー探索・応用のための戦略. 第4回Cell Biology Summer Meeting (CBSM). 2005.7.10. 伊豆
  10. 陳りー、内田和代、Alexander Endler、加藤裕之、芝崎 太:癌抑制遺伝子Int6のHIF2aを介した血管新生調節機構.  第4回Cell Biology Summer Meeting (CBSM). 2005.7.10. 伊豆
  11. Alexander Endler、陳りー、内田和代、芝崎 太:新規ARNT1 variant による Dioxin、Estrogen 受容体の調節機序.  第4回Cell Biology Summer Meeting (CBSM). 2005.7.10. 伊豆
  12. 平野まり子、石川雄一郎、芝崎 太:感度同時多項目診断法MUSTagによる「Proactive Therapeutics」第4回Cell Biology Summer Meeting (CBSM). 2005.7.10. 伊豆
  13. 扇原奈穂子、槇坂典子、石川雄一郎、芝崎 太:MUSTagを用いた高感度サイトカインアッセイ 第4回Cell Biology Summer Meeting (CBSM). 2005.7.10. 伊豆
  14. 石川 雄一郎、内野博之、石井脩夫 、大畠千絵理、坂田和彦、芝崎 太:マイクロアレイ解析による脳虚血マーカーの探索--オステオポンチンは脳梗塞マーカーとなりうるか? 第4回Cell Biology Summer Meeting (CBSM). 2005.7.10. 伊豆
  15. 芝崎 太:基礎研究から「個の医療」へのトランスレーションリサーチ--蛋白質同時多項目アッセイ法の応用と創薬-- 東京大学薬学部、サミットグライコリサーチ主催講演. 2005.8.5 東京
  16. 芝崎 太:Neuroprotection. Cyclosporin 20th Anniversary 学術国際シンポジウム「免疫の進化」2005.08.27 東京ビックサイト
  17. 陳リー、Alexander Endler、内田和代、石川雄一郎、芝崎 太:Int6 RNAの抑制はHIF2aを介する血管新生を強く誘導する. 第78回日本生化学会大会(ワークショップ&ポスター)2005. 10. 19 神戸国際会議場
  18. 石川雄一郎、陳リー、内田和代、芝崎 太:DNAチップによるInt6を介した血管新生調節因子の解析.  第78回日本生化学会大会(ワークショップ&ポスター)2005. 10. 22 神戸国際会議場
  19. 芝崎 太、石川雄一郎、陳リー、内田和代、戸井雅和、Alexander Endler:低酸素および細胞内エネルギー反応を介した乳がん発症におけるHIF2aの新しい制御機構. 第78回日本生化学会大会(ワークショップ&ポスター)2005. 10. 22 神戸国際会議場
  20. Alexander Endler、陳リー、内田和代、石川雄一郎、芝崎 太、:エストローゲンおよびダイオキシン伝達におけるSRC1を介したARNT1の新たな制御機構.  第78回日本生化学会大会(ポスター) 2005. 10. 21 神戸国際会議場
  21. Naoko Okishima, Hidenori Hiranuma, and Sumie Ando (Applied Biosystems Japan Ltd.) A Novel Homogeneous Assay for Monitoring Sugar Chain Interaction with Lectins in a Bead or Cell Based Assay Format. 第78回日本生化学会大会2005.8.20神戸
  22. Yoshihiko Shionoya, Dupont David, Hidenori Hiranuma, and Sumie Ando (Applied Biosystems Japan Ltd.) A new"fast"cycle for the high sensitivty Edman sequencing. 第78回日本生化学会大会2005.8.22神戸

ページトップへ

2004年度学会発表

2017-03-10

2004年度学会発表

  1. 芝崎 太、桜庭 均:がん、生活習慣病等の先進的支援研究 東京都プロジェクト審査会 2004, 2, 23. 東京
  2. 内野博之、芝崎 太、石井脩夫:脳虚血再潅流障害と脳保護。第31回日本集中治療医学会総会 シンポジウム 2004. 3. 4-6 福岡 
  3. 芝崎 太、米川博通、吉澤利弘、水口裕之:低酸素センサーを介する虚血性および変性性神経疾患の機序解明と新規治療薬開発。創薬等ヒューマンサイエンス研究事業、成果発表会ポスター発表 2004, 3, 12. 東京
  4. Futoshi Shibasaki: Hypoxic responsive signaling and disease targets. Special lecture. Aclara Biosystems 2004, 3, 25. Palo Alto , USA
  5. Futoshi Shibasaki: A Role of Calcineurin in Ischemic Brain Damage: Basic Research to Drug Discovery. Tongji University Special lecture 2004, 5, 20, Shanghai , China
  6. 加藤裕之:低酸素ストレスシグナルの解析、第一回動脈硬化フォーラム、2004.5.27, 佐賀
  7. 内野博之、芝崎 太、石井脩夫:虚血性神経細胞障害とカルシニューリン・イムノフィリン情報伝達系制御。第51回日本麻酔学会総会 シンポジウム(フォーラム)2004. 5. 29-31名古屋
  8. Futoshi Shibasaki: A novel natural peptide FR901459 as a candidate of ischemic brain damage. COSMOS alliance annual meeting. 2004, 6, 3, Washington DC
  9. 内野博之、芝崎 太、石井脩夫:虚血性神経細胞障害とカルシニューリン・イムノフィリン情報伝達系制御 3第8回日本神経麻酔集中治療研究会 2004. 6. 19 札幌
  10. 芝崎 太:遺伝子・蛋白質発現の同時多項目解析による疾患への応用。「Disease Network解明のための遺伝子・蛋白質発現解析」 第2回生物情報ネットワーク研究会2004, 6, 22. 東京
  11. Futoshi Shibasaki, Hiroyuki Uchino, Tibor Kristi?n, Gay Perkins, Nagao Ishii, and Bo K. Seisj?: Potent Neuroprotection of CsA by Inhibiting Pathways Involving Calcineurin and Cyclophilin D in Forebrain Ischemia. 10th International Symposium on Pharmacology of Cerebral Ischemia. 2004, 7. 25-28, Marburg , Germany
  12. Yu-Ichiro Ishikawa, Hiroyuki Uchino, Nagao Ishii and Futoshi Shibasaki: Search the novel genemarkers for brain stroke by time differential Microarray analysis. 10th International Symposium on Pharmacology of Cerebral Ischemia. 2004. 7. 25-28, Marburg , Germany
  13. Hiroyuki Uchino, Kazuhiko Sakata, Yoshihisa Kudo, Nobuo Ishii, Bo K Siesj? and Futoshi Shibasaki: Neuroprotection of a novel compound FR901459 with dual inhibition of calcineurin and cyclophilins. 10th International Symposium on Pharmacology of Cerebral Ischemia. 2004. 7. 25-28, Marburg , Germany
  14. Futoshi Shibasaki: Possible clinical application of a novel compound FR901459 to ischemic brain diseases. Seminar of Neuroscience department, Novartis Pharmaceuticals. 2004, 7, 30, Basel
  15. 芝崎 太:「個の医療」を目指した癌の予後および超早期診断:蛋白バイオマーカーにかかる大きな期待. 第5回横浜青葉緑消化器病研究会 2004, 8, 27, 横浜
  16. 内野博之、芝崎 太、石井脩夫:カルシニューリン・イムノフィリン情報伝達系制御と脳保護 第13回日本集中治療関東地方会 2004. 8. 31 横浜
  17. 陳りー:新規HIF2a結合を介したがん遺伝子産物INT6の乳癌発症機序の解析。東京都臨床医学総合研究所集団会。 2004, 9, 9, 東京
  18. 加藤しおり:a-synucleinの発現における低酸素ストレスの関与。東京都臨床医学総合研究所集団会。 2004, 9, 9, 東京
  19. 芝崎 太、坂田和彦、内田和代、中田裕久、工藤佳久、内野博之:新規ペプチド化合物CsJの虚血性脳障害治療薬への応用。第27回日本神経科学大会・第47回日本神経化学会大会 合同大会(Neuro2004) 2004, 9, 21-23, 大阪国際会議場
  20. 加藤しおり、加藤裕之、芝崎 太:カルシニューリンによる低酸素応答性因子(HIF-1a)の安定化の解析。第27回日本神経科学大会・第47回日本神経化学会大会 合同大会(Neuro2004) 2004, 9, 21-23, 大阪国際会議場
  21. Futoshi Shibasaki: Molecular targets of CsA-affected signaling in CA1 pyramidal cells of fore brain ischemic model. Department meeting. Department of Neuroscience, NIH 2004, 10, 7 Bethesda , USA
  22. 片野坂友紀、岩田裕子、小林優子、芝崎 太、重川宗一、若林繁夫:肥大心筋細胞におけるNa+/Ca2+交換体のcalcineurinによる阻害 第77回日本生化学会大会 2004, 10, 13-16, パシフィコ横浜
  23. 西田基宏、藤井智美、小野原直哉、福原 匡、永松裕一、丸山芳子、小林弘幸、井上隆司、芝崎 太、黒瀬 等:心筋繊維芽細胞においてGa13はROS産生を介してNFAT活性を制御する。第77回日本生化学会大会 2004, 10, 13-16, パシフィコ横浜
  24. 加藤しおり、加藤裕之、星野真人、芝崎 太:カルシニューリンは低酸素下で活性化され、低酸素応答性転写因子を安定化する。第77回日本生化学会大会 2004, 10, 13-16, パシフィコ横浜
  25. 加藤裕之、加藤しおり、星野真人、芝崎 太:ヒストンジアセチラーゼ7はReoxygenationにおいて低酸素反応性転写因子HIF-1aの分解を抑制する。第77回日本生化学会大会 2004, 10, 13-16, パシフィコ横浜
  26. 陳りー、Alexander Endler、内田和代、大畠千絵理、坂田和彦、加藤裕之、芝崎 太:新規HIF2結合を介したがん遺伝子Int6の乳癌発症機序の解析。第77回日本生化学会大会 2004, 10, 13-16, パシフィコ横浜
  27. Alexander Endler、陳りー、内田和代、大畠千絵理、坂田和彦、芝崎 太:胎児脳ライブラリーから得られたARNT1の新規スプライスバリアント;その特徴とDioxin感受性の調節機序。第77回日本生化学会大会 2004, 10, 13-16, パシフィコ横浜
  28. Alexander Endler、Atique Rahman、陳りー、内田和代、大畠千絵理、坂田和彦、芝崎 太:新たなHIF2特異的結合因子Adenylate cyclase (AK1)の乳癌がん化における低酸素、エネルギー伝達系での役割。第77回日本生化学会大会 2004, 10, 13-16, パシフィコ横浜
  29. 大畠千絵理、坂田和彦、石川雄一郎、内野博之、石井脩夫:脳腫瘍マーカー候補としてのOsteopontinの解析。第77回日本生化学会大会 2004, 10, 13-16, パシフィコ横浜
  30. 内野博之、芝崎 太、石井脩夫:脳蘇生における薬物療法 日本蘇生学会 11/21 2004
  31. K. Shimazaki, H. Uchino, F. Shibasaki, A. Mizuno, N. Ishii, M. Suzuki: TRPV4 plays a role in cerebral vascular flow response to volume change. Neuroscience Meeting 2004, 10, 22-26, San Diego .
  32. F. Shibasaki, H. Uchino, Y. Ishikawa, K. Sakata, N. Ishii, B.K. Siesjo: Neuroprotective effect of a novel compound FR901459 in global ischemia through suppression of intracellular calcium influx triggered by calcineurin and cyclophilin. Neuroscience Meeting 2004, 10, 22-26, San Diego
  33. Futoshi Shibasaki, Hiroyuki Kato, Shiori Tamamizu-Kato, Li Chen, Alexander Endler, Kazuyo Uchida, Chieri Ohata, Kazuhiko Sakata, and Hiroyuki Uchino: Regulation of HIFs by Novel Binding Factors in Hypoxia Responsive Signaling. The annual meeting of the Pharmaceutical Society of Korea, 2004, 11, 25 Soul, South Korea .
  34. Futoshi Shibasaki and Hiroyuki Uchino: Role of calcineurin and cycloiphilins in ischemic cell death. Application of a novel natural peptidein treatment of ischemia. Invited seminar, Sejeon University (世宋大学) 2004, 11, 26 , Soul, South Korea.
  35. Yan Wang, Futoshi Shibasaki, Ryusuke Niwa, Tadashi Uemura, and Kensaku Mizuno1: Calcium Signal-induced Activation of Cofilin Phosphatase Slingshot through Calcineurin。第27回日本分子生物学会年会 2004, 12, 8-11, 神戸
  36. 内野博之、芝崎 太、石井脩夫:虚血性神経細胞死の分子機序と脳保護戦略。東京医大―東京薬科大学合同シンポジウム 2004. 12. 18. 東京



ページトップへ

2003年度学会発表

2017-03-10

2003年度学会発表

  1. 芝崎 太:Biostress signaling:Cell death and surviving pathway. Special lecture, Aclara Bioscience, 2003, 4, 23, Palo Alto, California
  2. 内野博之: パネルディスカッション「脳を守るための戦略」日本麻酔科学会第50回大会2003, 5,29 ? 6,1 横浜.
  3. 芝崎 太 :バイオストレスシグナル(I):虚血性疾患の機序と創薬。東京大学薬学部大学院特別講義. 2003, 6, 20 東京
  4. 芝崎 太:バイオストレスシグナル(II):転写因子を介した免疫応答の機序と創薬への応用 東京大学薬学部大学院特別講義. 2003, 6, 27 東京
  5. 加藤裕之、加藤しおり、芝崎 太:ヒストンジアセチラーゼ7(HDAC7)は低酸素反応性因子HIF-1aに結合し転写を制御する。臨床研ポスター発表会 2003,9,18東京
  6. 芝崎 太、陳 リー、加藤しおり、内田和代、大畠千絵理、坂田和彦、加藤裕之、内野博之:HIFの新たな制御因子による癌化および細胞死の制御。2003, 10,18, 京都
  7. Yuichiro Ishikawa, Hiroyuki Uchino and Futoshi Shibasaki: Differential target analysis of neuroprotection by CsA in ischemic brain damage using 60 mer cDNA oligo Microarray. AIMBN Conference, 2003, 11, 12, 東京
  8. 芝崎 太、内野博之、内田和代、坂田和彦: 脳梗塞の発症機序解明と新規脳梗塞治療薬の開発;CsJ:Dual Inhibition of Calcineurin and CyPD. 平成15年度研究フォーラム 2003, 12,8. 東京
  9. 加藤裕之、加藤(玉水)しおり、芝崎太:Histone-deacetylase 7 (HDAC7) binds HIF-1a第76回日本生化学学会、2003.10.18、横浜
  10. 加藤(玉水)しおり、加藤裕之、芝崎太:Calcineurin stabilizes hypoxia-inducible factor (HIF-1 a) by inhibition of von Hippel Lindau tumor suppressor protein (pVHL) 第76回日本生化学会大会、2003.10.18、横浜
  11. 井上正明、小原恭子、芝崎 太、須藤正幸、与柴 真、小原道法:シクロスポリンAによるC型可燃ウイルス遺伝子複製阻害機序の解析。第26回日本分子生物学会年会、2003.12.10、神戸
  12. 加藤裕之、加藤(玉水)しおり、星野真人、芝崎太: ヒストンジアセチラーゼ7(HDAC7)は低酸素反応性因子HIF-1aに結合し転写を制御する 第26回日本分子生物学会年会、2003.12.10、神戸

ページトップへ

2002年度学会発表

2017-03-10

2002年度学会発表

  1. 芝崎 太、内野博之: 虚血性神経細胞死の解析と治療薬開発への試み. 日本病態生理学会 細見記念シンポジウム.2002.1.27, 松山
  2. 芝崎 太: 神経細胞死における機序と治療への展望. 愛媛大学医学部皮膚科学講座特別講演. 2001.3.21, 松山
  3. 内野博之、芝崎 太、白石 としえ、石井脩夫. Calcineurin/immunophilin情報伝達系と神経細胞死. 第9回神経集中治療研究会. 2002.3.28-29, 奈良
  4. 内野博之、芝崎 太、高橋俊明、近江明文、金子英人、白石としえ、石井脩夫. 遅発性神経細胞死とCalcineurin/immunophilin情報伝達系の関与. 第49回日本麻酔学会 2002.4.24-26, 福岡
  5. 芝崎 太: 虚血性組織障害におけるカルシニューリン/イムノフィリンの役割と治療への展望. 藤沢製薬 特別講演. 2002.5.29, 大阪
  6. 芝崎 太: バイオストレスシグナルの解析と展望. 第4回Cell Biology Summer Meeting「バイオストレスの機序解明から治療・創薬への応用」2002.7.6-7, 筑波
  7. 内野博之、石井侑夫、芝崎 太: 遅発性神経細胞死におけるカルシニューリン/イムノフィリン情報伝達系の役割. 第4回Cell Biology Summer Meeting「バイオストレスの機序解明から治療・創薬への応用」2002.7.6-7,筑波
  8. 加藤しおり、内野博之、加藤裕之、Ulrika Hallin、Thomas Kietzmann、芝崎 太: ラット前脳虚血に伴うHIF (Hypoxia-inducible factor)サブタイプ特異的なmRNAの発現調節. 第4回Cell Biology Summer Meeting「バイオストレスの機序解明から治療・創薬への応用」2002.7.6-7,筑波
  9. 加藤裕之、加藤しおり、芝崎 太: HIF1a結合タンパクpHY60/10は酸素センサー・HIF1aプロリン水酸化酵素(HPH-2)であった. 第4回Cell Biology Summer Meeting「バイオストレスの機序解明から治療・創薬への応用」2002.7.6-7, 筑波
  10. Hallin, U., Zhu, C., Osaki, Y., Shibasaki, F., Gatzinsky, K., Hagberg, H., and Blomgren, K.: Bcl-2 and Bax after cerebral hypoxia-ischemia in the neonetal rat. 9th International Symposium on Pharmacology of Cerebral Ischemia. 2002.7.21-24, Marburg, Germany.
  11. Bo K Siesjo, H. Uchino, and F. Shibasaki; Post-treatment in transient and focal ischemia: new pharmacological avenues. 9th International Symposium on Pharmacology of Cerebral Ischemia. 2002.7.21-24, Marburg, Germany.
  12. 加藤裕之、加藤(玉水)しおり、芝崎太:HIF-1α結合タンパクpHYC116の機能解析。第75回日本生化学学会、2002.10.17、京都
  13. 加藤(玉水)しおり、加藤裕之、芝崎太:HIF-1αの発現に対するカルシニューリンの影響。第75回日本生化学会大会、2002.10.17、京都
  14. Hiroyuki Uchino, Furtoshi Shibasaki, Toshiaki Takahashi, Takao Muto, Miho Usuda,Toshie Shiraishi, Hideto Kaneko, Akibumi Ohmi, Nagao Ishii:Differential neuroprotection by CsA and FK506 following ischemia corresponds with differiing abilities to inhibit calcineurin and the mitochondrial permeability transition. 第12回日米麻酔会議 2002.10.29、山梨
  15. Hiroyuki Uchino, Furtoshi Shibasaki, Toshiaki Takahashi, Takao Muto, Miho Usuda, Toshie Shiraishi, Hideto Kaneko, Akibumi Ohmi, Nagao Ishii:Differential neuroprotection by CsA and FK506 following ischemia corresponds with differiing abilities to inhibit calcineurin and the mitochondrial permeability transition 3rd Brain Edema meeting 2002.11.9-12、Hakone
  16. 内野 博之、石井 脩夫:Calcineurin/immunophilin情報伝達系制御に基づく21世紀の脳保護. 第21回日本蘇生学会2002.11.14-15、大阪
  17. Katanosaka, Y., Iwamoto, T., Shibasaki, F., Iwata, Y., and Shigekawa, M.;Cardiac Na+/Ca2+ exchanger is regulated by calcineurin. The 20th Annual Meeting of the Japanese Section, International Society for Heart Research. 2002.11.22-23, Osaka
  18. 片野坂友紀、岩本隆宏、芝崎 太、岩田祐子、重川宗一:心筋に発現するNa+/Ca2+ 交換体 (NCX) のCalcineurinによる活性調節. 第25回日本分子生物学会年会2002.12.11-14、横浜


ページトップへ

2001年度学会発表

2017-03-10

2001年度学会発表


1 芝崎 太: カルシニューリン/イムノフィリン情報伝達系を介した疾患の理解と治療への展望. 久留米大学第二内科・先端癌治療研究センター合同セミナー.2001.3.7, 久留米
2 芝崎 太: 神経細胞死における機序と治療への展望. 愛媛大学医学部皮膚科学講座特別講演. 2001.3.21, 松山
3 芝崎 太: 細胞発現系を用いた機能解析から薬剤スクリーニング系の確立. ポストcDNAにおける遺伝子機能解析学術フォーラム. 2001.3.23, 東京
4 芝崎 太: カルシニューリン機能の多様性と制御の新展開(シンポジウム). 第78回日本生理学会大会. 2001.3.31, 京都
5 芝崎 太: 遺伝子の働きと病気ム細胞の生死を制御するー. 都民カレッジ. 2001.5.10, 東京
6 芝崎 太: 虚血性組織障害におけるカルシニューリン/イムノフィリンの役割と治療への展望. 第27回日本急性肝不全研究会 特別講演. 2001.5.16, 横浜
7 芝崎 太: カルシニューリンを介する生の制御ム転写因子NFATの制御機構. 東京大学薬学部大学院 特別講演. 2001.5.25, 東京
8 近藤英作, 芝崎 太, 赤木忠厚: カルシニューリンによるBcl-2機能制御. プロテインフォスファターゼ研究会. 2001.6.4, 岡崎
9 芝崎 太: カルシニューリンを介する死の制御ムBcl-2ファミリーメンバーを介する細胞死制御. 東京大学薬学部大学院 特別講演. 2001.6.8, 東京
10 Shibasaki, F.: A new role of calcineurin in ischemic brain damage. Lab Seminar, Depart. Of Cell Biology, Harvard Medical School 2001.6.28, Boston, USA
11 芝崎 太: 細胞死制御におけるCalcineurin/immunophilinの役割. 第19回内分泌・代謝学サマーセミナー. 2001.7.12, 名古屋
12 芝崎 太: 神経細胞死・がん細胞の細胞死. 第2回日本分子脳神経外科学会. 基調講演. 2001.9.7, 名古屋
13 近藤英作, 芝崎 太, 松尾良信, 吉野 正, 赤木忠厚: カルシニューリンを制御因子とするBcl-2リン酸化制御とアポトーシス機構の解析. 第59回日本癌学会総会. 2001.10.4, 横浜
14 小原恭子, 刀禰重信, 丸山 功, 勝目朝夫, 湊川洋介, 星川 裕, 芝崎 太, 小原道法: C型肝炎ウイルス全ゲノムによる肝細胞の腫瘍原性亢進. 第59回日本癌学会総会. 2001.10.5, 横浜
15 芝崎 太, 近藤英作, 下重美紀, 赤木忠厚: カルシニューリンによるBcl-2のリン酸化と機能制御. 第59回日本癌学会総会. 2001.10.6, 横浜
16 内野博之, 金子英人, 近江明文, 芝崎 太, 石井脩夫: 脳内カルシニューリンおよびイムノフィリン情報伝達系の脳神経細胞死における役割. 第20回日本蘇生学会. 2001.10.25-27, 金沢 
17 加藤裕之、加藤(玉水)しおり、芝崎太:HIF1a結合タンパクpHYP6/10のクローニング。第74回日本生化学学会, 2001.10.25、京都
18 加藤(玉水)しおり、加藤裕之、内野博之、Urlika, Hallin, Kiezmann Thomas、芝崎太:ラット一過性全脳虚血による低酸素応答性因子アルファサブユニットの誘導。第74回日本生化学会大会,2001.10.28,京都
19 秋田朗子、川崎博史、平野久、大野茂男、芝崎太:PKCを介する細胞骨格蛋白質のリン酸化制御.第74回日本生化学会大会、2001.10.25-28、京都
20 山本行男,高山智行,島村眞理子,青木一正,羽里忠彦:エンケファリン代謝酵素・dipeptidyl peptidase III の骨髄系前駆細胞における発現.第74回日本生化学会大会, 2001.10.25,京都
21 青木一正,秋田朗子,星野真人, 本間好,芝崎太:ラット肝臓細胞質由来のチトクローム c 結合タンパク複合体の解析.第74回日本生化学会大会. 2001.10.28,京都
22 芝崎 太, 内野博之, 坂田和彦, Tibor Kristian, Guy Perkins, Bo K. Siesj?:虚血性神経細胞死におけるカルシニューリン/サイクロフィリン系の役割とCsAを用いた治療への可能性. 第74回日本生化学会大会,2001.10.28, 京都
23 Kato, H., Tamamizu-Kato, S. and Shibasaki, F.: A novel protein, HYP6/10, binds the N-terminal domain of hypoxia-inducible factor1a ,30th Annual Meeting of The Society for Neuroscience,2001.11.15, San Diego USA
24 Tamamizu-Kato, S., Kato, H., Uchino, H., Hallin, U., Thomas, K., and Shibasaki, F.: Induction of thethree hypoxia-inducible factor a-subunits, HIF1a, HIF2a and HIF3a, by transient global forebrain ischemia in rat brain. 30th Annual Meeting of The Society for Neuroscience,2001.11.15, San Diego USA
25 Shibasaki, F., Uchino, H., Omori, N., Shitashige, M., Hoshikawa, Y., Tachino, R., Sameshima, M., Bo. K. Siesj? : Calcineurin/Immunophilin as key factors in delayed neuronal cell death. 30th Annual Meeting of The Society for Neuroscience. 2001.11.15, San Diego USA
26 Blomgren, K., Kondo, E., Hallin, U., Akagi, T., and Shibasaki, F.: Phosphorylation of Bcl-2 at 24 correlated with caspase-3 activation in neonatal rat hypoxia-ischemia; A role for calcineurin in maintaining the anti-apoptotic function. 30th Annual Meeting of The Society for Neuroscience,2001.11.15, San Diego USA
27 Yoshizawa, T., Yano, T., Shibasaki, F., Shibata, M., Kanazawa, I., and Shoji, S.: Antibody against N-terminal fragment of Ataxin 3 reacts on neuronal intranuclear inclusions in Machado-Joseph disease. 30th Annual Meeting of The Society for Neuroscience, 2001.11.15, San Diego USA
28 芝崎 太, Frank McKeon: NFATの核移行を指標にした視覚的ハイスループットアッセイ法とそれにより得られた新規化合物の実用化.第2回バイオビジネスコンペ. 2001.12.12,大阪

ページトップへ

2000年度学会発表

2017-03-10

2000年度学会発表


1 芝崎 太: カルシニューリンによるBcl-2の機能制御. 文部省特定領域A「がん生物」研究班会議. 経団連会館ホール 2000. 2. 4, 東京

2 芝崎 太: 臨床研報告会 臨床研 2000. 2. 25, 東京

3 芝崎 太: 神経細胞死の分子機序に基づいた治療への応用. 中外製薬特別セミナー 2000. 3. 7, 東京

4 芝崎 太: 東京都アトピー会議. 臨床研 2000. 3. 14, 東京

5 芝崎 太、大森信彦、猪熊茂子: 膠原病における新たな臨床指標の解析.
都立病産院共同研究報告会 都立駒込病院 2000. 3. 17, 東京

6 加藤(玉水)しおり、加藤裕之、中田勉、溝脇万帆、Lasalde, J. A.、McNamee, M. G.、鳥居塚和生、花輪寿彦: ニコチン性アセチルコリン受容体M4膜貫通領域におけるトリプトファン置換の効果. 第73回日本薬理学会年会 2000. 3. 23, 横浜

7 韓健、加藤裕之、加藤(玉水)しおり、渡辺賢治、鳥居塚和生、花輪寿彦: 柴胡清肝湯と柴胡桂枝湯による肝癌細胞増殖抑制効果. 第73回日本薬理学会年会 2000. 3. 23, 横浜

8 Futoshi Shibasaki: Seminor on cerebral ischemia. Center for Neurological Diseases, The Queenユs Medical Center. 2000. 4. 13, Hawaii, USA

9 芝崎 太: 細胞死におけるカルシニューリンの役割. 県立福島医科大学第一外科特別セミナー 2000. 4. 18, 福島

10 芝崎 太: 虚血性脳障害の機序とサイクロスポリンAによる治療の可能性. S.T.R. Medical Conference 総合南東北病院付属・(財)脳神経疾患研究所セミナー 2000. 4. 18, 福島

11 芝崎 太: ラット虚血脳におけるMRIを用いた神経細胞死の評価. 東工大MRI (Magnetic Resonance Imaging) 研究会.  東京工業大学生命理工学部 2000. 5. 10, 神奈川

12 芝崎 太: がん遺伝子と細胞増殖. 都民カレッジ 「細胞からがんを覗く」 2000. 5. 18. 東京

13 Futoshi Shibasaki, Hiroyuki Uchino, Nobuhiko Omori, Miki Shitashige, Yutaka Hoshikawa, Reiko Tachino, Masazumi Sameshima, Michiko Narasaki, Bo k. Siesjo A new role of calcineurin/immunophilin in neuronal cell death. 生化学学会春季大会シンポジウム (アクロス福岡) 2000. 6. 4, 福岡

14 芝崎 太: 虚血性神経細胞死におけるカルシニューリンの役割とCsAの臨床応用への可能性. 川崎医科大学神経内科セミナー 2000. 6. 16, 岡山

15 芝崎 太: Bcl-2のリン酸化と機能制御. 文部省特定領域C「発がんと防御」・第一回がん研究代表者会議 (日本学術センター) 2000. 6. 26, 東京

16 下重美紀: Bcl-2 のリン酸化によるアポトーシス制御. 第3回 Cell Biology Summer Meeting 2000. (ラフォーレ修善寺) 2000. 7. 1, 静岡

17 加藤裕之: チオリゾホスファチジン酸誘導体によるカルシウム依存性クロライドイオン流入の変化. 第3回 Cell Biology Summer Meeting 2000. (ラフォーレ修善寺) 2000. 7. 1, 静岡

18大森信彦: ファイバーミュータントアデノウイルスベクターを用いたミクログリアへの遺伝子導入. 第3回 Cell Biology Summer Meeting 2000. (ラフォーレ修善寺) 2000. 7. 1, 静岡

19 芝崎 太、内野博之、Tibor Kristi穫、Bo K. Siesj噤A鮫島正純、立野玲子、楢崎美智子: 虚血性脳神経細胞死におけるカルシニューリン/イムノフィリンの役割. 第2回 Cell Biology Summer Meeting 2000. (ラフォーレ修善寺) 2000. 7. 1, 静岡

20 星川 裕:アデノウイルスを用いた新規蛋白発現系の構築. 特定領域 (A)「多元的情報伝達」合同班会議 2000. 7. 21, 札幌

21 Futoshi Shibasaki: New role of calcineurin in neuron. Visiting lecture Harvard Med. School 2000. 7. 7, Boston.

22 Futoshi Shibasaki, Hiroyuki Uchino, Nobuhiko Omori, Reiko Tachino, Masazumi Sameshima, Bo k. Siesjo Calcineurin/immunophilin as key factors in ischemic reperfusion injury. 8th International Symposium on Pharmacology of Cerebral Ischemia. 2000. 7. 23-26, Marburg, Germany.

23 芝崎 太: Bcl-2キナーゼの同定と癌化における役割の解明. 文部省特定領域C「発がんと防御」研究者全体会議 2000. 7. 29, 札幌

24 大森信彦、水口裕之、秋田朗子、星川 裕、下重美紀、早川堯夫、高坂新一、芝崎 太: ファイバーミュータントアデノウイルスを用いたミクログリアへの遺伝子導入. 第23回日本神経科学大会. 2000. 9. 4, 横浜

25 芝崎 太、下重美紀、近藤英作、矢野竹男、柴田昌夫、松尾良信:カルシニューリンによるBcl-2の制御機構とリン酸化Bcl-2の臨床的意義. 日本臨床免疫学会 (日本都市センター会館) 2000. 9. 19, 東京

26 近藤英作、芝崎 太、松尾良信、吉野正、赤木忠厚: カルシニューリンを制御因子とするBcl-2のリン酸化制御とアポトーシス機構の解析. 第59回日本癌学会総会 2000. 10. 4, 横浜

27 小原恭子、刀禰重信、丸山功、勝目朝夫、湊川洋介、星川 裕、芝崎 太、小原道法: C型肝炎ウイルス全ゲノムによる肝細胞の腫瘍原性亢進. 第59回日本癌学会総会 2000. 10. 5, 横浜
00A-05-028加藤裕之、加藤(玉水)しおり、花輪寿彦: 柴胡清肝湯のHCC-M細胞におけるDNA断片化. 第59回日本癌学会総会 2000. 10. 5, 横浜

29 芝崎 太、近藤英作、下重美紀、赤木忠厚: カルシニューリンによるBcl-2の脱リン酸化と機能制御(ミニシンポ). 第59回日本癌学会総会 2000. 10. 6, 横浜

30 芝崎 太、下重美紀、近藤英作、矢野竹男、柴田昌夫: カルシニューリンを介したBcl-2の制御. (ミニシンポ) 第73回日本生化学会大会 2000. 12. 6. 横浜

31 下重美紀、 芝崎 太 : Bcl-2 のリン酸化によるアポトーシス制御. 第73回日本生化学会大会 2000. 10. 6, 横浜

32 秋田朗子、大森信彦、大野茂男、芝崎 太: RBL-2H3細胞の脱顆粒反応におけるPI3K/PKC/カルシニューリンの作用. 第73回日本生化学会大会 2000. 10. 14, 横浜

33 Futoshi Shibasaki: Calcineurin : A key factor in cell death. Special seminar of Department of Biochemictry, Gotenberg University. 2000. 10. 23, Goteenberg, Sweden.

34 Futoshi Shibasaki: Gene transfection and protein expression; new technology for evaluating protein function. Invited lecture of graduate course in Molecular and Cell Biology Analysis of nucleic acids and proteins in tissue. Faculty of Medicine, Gotenberg University. 2000. 10. 24, Gotenberg, Sweden.

35 Futoshi Shibasaki: GST fusion protein and purification. Invited lecture of graduate course in Molecular and Cell Biology ミ Analysis of nucleic acids and proteins in tissue. Faculty of Medicine, Goteenberg University. 2000. 10. 24, Gotenberg, Sweden.

36 Futoshi Shibasaki: New technology for protein function; Two hybrid system. Invited lecture of graduate course in Molecular and Cell Biology Analysis of nucleic acids and proteins in tissue. Faculty of Medicine, Gotenberg University. 2000. 10. 25, Gotenberg, Sweden.

37 Futoshi Shibasaki: Calcineurin/immunophilin as key factors in delayed neuronal cell death. Phosphatase Meeting, 2000. 11. 11, 仙台

38 大森信彦: 虚血性神経細胞死に対するシクロスポリンAの保護作用の検討と、アデノウイルスベクターを用いた遺伝子導入の試み. 臨床研集談会2000. 11. 15, 東京

39 芝崎 太、星川 裕: ラット虚血再還流障害モデルを用いた遅発性神経細胞死のメカニズムの解明 特定領域(A)「総合脳」合同班会議研究成果報告会」日本学術センター 2000. 12. 19, 東京

ページトップへ

1999年度学会発表

2017-03-10

1999年度学会発表


1) 芝崎 太:カルシニューリンによるNFATの制御機構. 三共製薬 特別セミナー1999.1.12, 東京

2)芝崎 太:細胞死におけるアポトーシスの関与-特にカルシニューリンの関与について. 横浜市立大学医学部大学院医学学術セミナー 1999.1.25, 横浜

3) Shibasaki, F.:A role of calcineurin in the apoptotic pathway. Neuroscience Institute, The Queen's Medical center. Special lecture 1999.2.9, Hawaii, USA

4) 芝崎 太:カルシニューリン情報伝達系の新展開 神戸大学薬理学大学院 特別講義 1999.3.2, 神戸

5) 芝崎 太:神経細胞死におけるカルシニューリンとイムノフィリンの役割- Cyclosporin A の新たな作用機序. 国立精神神経センターセミナー 1999.3.5, 東京

6) 芝崎 太:東京都アトピープロジェクト報告会 1999. 3.18, 東京

7) 芝崎 太、瀬戸口るり、大森信彦、猪熊茂子:膠原病の発症機序解明と新規治療法の確立. 都立病産院共同研究報告会 1999.3.19, 東京

8) 芝崎 太、近藤英作、F. McKeon, Bo K. Siesjo:A role of calcineurin in apoptotic signaling. 第72回日本薬理学会年会シンポジウム 1999.3.24, 札幌

9) 芝崎 太:カルシニューリンの新たな役割 国立放射線研究所セミナー 1999.4.21, 千葉

10) 芝崎 太:神経細胞死は止められるか?-カルシニューリンを介する新たな機序. 帝京大学 脳・神経セミナー 1999.5.13, 東京

11) 芝崎 太:がん遺伝子と細胞増殖. 都民カレッジ 「細胞からがんを覗く」1999.5.20, 東京

12) 内野博之、宮田和人、山口達郎、一色 淳、大森信彦、芝崎 太:前脳虚血モデルの遅発性神経細胞死に対するサイクロスポリン Aの神経保護作用の解析. 第46回日本麻酔学会総会(国際セッション)1999.5.26-27, 札幌

13) 宮田和人、山口達郎、内野博之、一色 淳、大森信彦、芝崎 太:虚血性脳障害に対するサイクロスポリン Aの脳保護作用とBDNFとの関連. 第46回日本麻酔学会総会 1999.5.26-27, 札幌

14) 芝崎 太:セリン/スレオニン脱リン酸化酵素、カルシニューリンの新展開 (1)東京大学薬学系大学院講義「生体情報学特論」1999.6.4, 東京

15) 芝崎 太:セリン/スレオニン脱リン酸化酵素、カルシニューリンの新展開 (2)東京大学薬学系大学院講義「生体情報学特論」1999.6.11, 東京

16) 岡田容子、福井秀公、野口 将、宮田和人、山口達郎、三浦 仁、一色 淳、渡辺泰雄:培養脳神経細胞でのグリア細胞からのエンドトキシン誘発 NOx産生の及ぼす各種静脈麻酔薬の影響. 第21回日本麻酔・薬理学会 1999.6.11-12, 東京

17) 芝崎 太:カルシニューリン情報伝達系の最近の動向 Cell Biology Summer Meeting 1999.7.3, 伊東

18) 星川 裕:Cyclophilin の新たな機能 Cell Biology Summer Meeting 1999.7.3,伊東

19) 下重美紀:Bcl-2 キナーゼとアポトーシス Cell Biology Summer Meeting 1999.7.3, 伊東

20) 大森信彦:Neuron-Glia 相関におけるカルシニューリンの役割 Cell Biology Summer Meeting 1999.7.3, 伊東

21) 内野博之:ラット脳虚血モデルにおけるカルシニューリンの役割 Cell Biology Summer Meeting 1999.7.3, 伊東

22) 秋田朗子:プロテオーム解析法における問題点 Cell Biology Summer Meeting 1999.7.3, 伊東

23) 芝崎 太:カルシニューリン/イムノフィリン情報伝達系のがん化への関連 文部省特定領域研究(A)「がん生物」班会議 1999.7.12, 東京

24) 芝崎 太:アポトーシスの新しい機序とその応用. 久光製薬特別講演 1999.8.17, 筑波

25) 芝崎 太:心疾患におけるカルシニューリン/シクロフィリンの役割. 第3回 Molecular Cardiovascular Conference 指定講演 1999.9.4, 小樽

26) Shibasaki, F.:Molecular mechanisms of immunosuppressants CsA and FK506 in ischemic brain damage. Neuroscience Institute, The Queen's Medical center. Special lecture 1999.9.10, Hawaii, USA

27) Akita, Y., Kawasaki, H., Ohno, S., Suzuki, K., and Kawashima, S.: Involvement of protein kinase C e in thyrotropin-releasing hormone-stimulated phosphorylation of MARCKS and keratin in rat pituitary clonal cells. ICES ヤ99, 1999.5.25-28, Oomiya

28) 星川 裕:蛋白高次構造解析に向けた新規大量発現系の構築 特定領域(A)「多元的情報伝達」合同班会議 1999.9.13, 三島

29) 大森信彦、星川 裕、内野博之、芝崎 太:ミクログリアにおける転写因子NFAT(Nuclear Factor of Activated T Cells)とカルシニューリン情報伝達系 第42回日本神経化学会大会 1999.915-17, 広島

30) 山口達郎、宮田和人、内野博之、大森信彦、芝崎 太、一色 淳:サイクロスポリン Aの抗虚血作用と即時型遺伝子発現との関連. 第39回日本麻酔科学会関東甲信越地方会 1999.9.18, 東京

31) 清水史郎、芝崎 太、長田裕之:抗ガン剤誘導性アポトーシスにおけるカルシニューリン・Fasシステムの役割とBcl-2による阻害. 第58回日本癌学会総会 1999.9.29, 広島

32) 芝崎 太、瀬戸口るり、大森信彦:東京都アトピープロジェクト報告会1999.10.10, 東京

33) 秋田朗子、川崎博史、大野茂男、芝崎 太:PKCεの基質蛋白質の脱リン酸化機構の解析 第72回日本生化学会大会、1999. 10.6-9, 横浜

34) 下重美紀, 芝崎 太 : Bcl-2 kinase によるアポトーシス誘導制御 第72回日本生化学会大会 1999. 10, 横浜

35) 森田育男, 小野寺光江, 下重美紀, 室田誠逸 : COX-1 とCOX-2 の生体内役割分担と活性調節機序 (シンポジウム) 第72回日本生化学会大会 1999. 10, 横浜

36) Shitashige, M. & Shibasaki, F. : Regulation of apoptotic signaling by Bcl-2 kinase. The eleventh international symposium on Calcium-Binding Proteins and Calcium Function in Health and Disease 1999.10, Kisarazu, Japan

37) 岡田容子、松岡秀美、三浦 仁、萩原幸彦、内野博之、一色 淳、渡辺泰雄:脳神経障害発現時のグリア細胞からの一酸化窒素発生の生理的意義と静脈麻酔の神経保護作用. 第13回日本蘇生学会総会 1999,10.21-23, 沖縄

38) 芝崎 太:カルシニューリン/immunophilinを介する新たな細胞死制御. 阪大蛋白研セミナー 1999.11.4, 大阪

39) 芝崎 太:神経細胞死の分子機序に基づいた治療への応用. 中外製薬 特別講演 1999.11.30, 御殿場

40) 芝崎 太、下重美紀、星川 裕、大森信彦、松尾良信、近藤英作、矢野竹男、柴田昌夫: Bcl-2 のリン酸化を介した細胞死の制御機構. 第22回日本分子生物学会年会ワークショップ 1999.12.9, 福岡

41)小原恭子、刀禰重信、丸山 功、勝目朝夫、湊川洋介、芝崎 太、小原道法:C型肝炎ウイルスによる細胞周期の修飾. 第22回日本分子生物学会年会 1999.12.9, 福岡

42) 星川 裕、内野博之、大森信彦、下重美紀、芝崎 太:ラット虚血再還流障害モデルを用いた遅発性神経細胞死のメカニズムの解明 特定領域(A)「総合脳」合同班会議研究成果報告会 1999.12.16, 東京



ページトップへ

1998年度学会発表

2017-03-10

1998年度学会発表


1) 芝崎 太:免疫抑制剤の情報伝達におけるカルシニュ-リンの役割とクロスト-ク。千葉がんセンタ-特別講演 1998.2(千葉)

2) 大森信彦:肝の幹細胞増殖制御機構。東京都臨床医学総合研究所集談会 1998.2.14

3) H. Ito, Y. Watanabe, A.Isshiki, H. Uchino.: Neuroprotective action of I.V. anesthetics on brain ischemia induced cell injury in Mongolian gerbil: related to GABA receptor subtypes. The first congress of Asian and Oceanic society for Intravenous Anesthesia. 1998.2.25-27 (Kyoto)

4) H. Matsuoka, H. Uchino, A. Isshiki, Y. Watanabe.: Involvement of Nitric Oxide production in rat hippocampus under isoflurane, but not nitrous oxide, induced anesthesia. The 72nd clinical and scientific congress 1998.3.7-11 (Orlando)

5) H. Ito, H. Uchino, A. Isshiki, Y. Watanabe.: Influences of GABA receptor subtypes on neuroprotective action of propofol using Mongolian gerbil ischemia model. The 72nd clinical and scientific congress 1998.3.7-11 (Orlando)

6) 芝崎 太:Ca2+/カルシニューリン情報伝達系の新展開-多機能調節因子としての役割。県立福島医科大学セミナ- 1998.3.6(福島)

7) 芝崎 太:免疫抑制剤の情報伝達におけるカルシニュ-リンの役割。東京慈恵会医科大学内科学第二講座 集談会特別セミナ- 1998.3.19(東京)

8) 芝崎 太:カルシニュ-リンを介する情報伝達系の役割と細胞死との関連。筑波大学医学部大学院 特別講義 1998.3.20 (筑波、茨城)

9) Shitashige M., Morita I., Murota S. : Properties of endogenous inhibitor of prostaglandin endoperoxide H synthase in NIH3T3 fibroblast cells. 第71回 日本薬理学会 1998.3.25 (京都)

10) 木梨達雄、瀬戸口るり:肥満細胞におけるインテグリン接着性調節機構。第60回日本血液学会総会、1998.3.25(大阪)

11) 芝崎 太:「Ca2+/カルシニューリン情報伝達系の新展開」多機能調節因子としての役割。東京大学医学部 分子心臓病セミナ- 1998.5.22(東京)

12) 芝崎 太:カルシニューリン情報伝達系の新展開。東京医科歯科大学大学院 細胞機能制御学 特別講義 1998.6.1(東京)

13) 芝崎 太:リン酸化を介したBcl-2構造変化の解析。文部省特定領域研究「多元的情報伝達」班会議、1998.6.4(神奈川)

14) Futoshi Shibasaki: A New Role of Calcineurin as A Multifunctional Regulator. Special lecture. Neuroscience Institute, The Queenユs Medical Center. 1998.6.12 (Honolulu, USA)

15) 芝崎 太:カルシニュ-リンを介する情報伝達系と多機能調節因子としての役割。大阪大学医学部第一内科 抄読会 特別講演 1998.6.16(大阪)

16) Kohara, K. T., Omori, N., Tone, S., Shibasaki, F., and Kohara, M.: The Modification of cell growth regulation by the expression of full genome HCV RNA. International Meeting on Hepatitis C Virus and Related Viruses; Molecular Virology and Pathogenesis. 1998.6.25-28 (Venizia Italy)

17) 芝崎 太:カルシニュ-リンを介する情報伝達系の新展開。第1回カルシニューリン研究会 1998.7.4(長野)

18) 星川 裕:Rbの作用機構。第1回カルシニューリン研究会 1998.7.4(長野)

19) 下重美紀:シクロオキシゲナ-ゼによるプロスタグランジンの産生制御。第1回カルシニューリン研究会 1998.7.4(長野)

20) 瀬戸口 るり:免疫細胞における抑制性情報伝達。第1回カルシニューリン研究会 1998.7.4(長野)

21) 内野博之:遅発性神経細胞死とミトコンドリアとの関連。第1回カルシニューリン研究会 1998.7.4(長野)

22) 芝崎 太:カルシニュ-リンによるアポトーシス制御機構。熊本大学医学部 特別講演 1998.7.22(熊本)

23) 芝崎 太:NF-AT制御機構の解明:文部省特定領域研究「免疫病の分子機構とその修復」班会議、1998.7.23(熊本)

24) 芝崎 太:カルシニュ-リンを介する情報伝達系と多機能調節因子としての役割。理化学研究所 特別講演 1998.8.17(埼玉)

25) 芝崎 太:Ca2+/カルシニュ-リン情報伝達系の新展開:多機能調節因子としての役割。第17回日生化学会大会、シンポジウム「プロテインフォスファタ-ゼの新展開」1998.10.17(名古屋)

26) 近藤英作、赤木忠厚、芝崎 太:カルシニュ-リンによるアポトーシス制御の分子機構-Bcl-2遺伝子との相互反応を介して。第17回日生化学会大会、シンポジウム「プロテインフォスファタ-ゼの新展開」1998.10.17(名古屋)

27) 松田達志、芝崎 太、小安重夫:恒常活性化型NF-ATの作成と機能解析。第17回日生化学会大会、ワ-クショップ「フォホスファタ-ゼの活性制御と生理機能」1998.10.17(名古屋)

28) H. Uchino, E. Elmer, K. Uchino, BK, Siesj?.: Amelioration by Cyclosporin A of brain damage in transient forebrain ischemia in the rat. 28th Annual meeting of Society of Neuroscience in L.A. 1998.11.7-12 (USA)

29) Shibasaki, F., Kondo, E., Akagi T., and McKeon, F. : A new role of calcineurin in apoptotic regulation. Third International Symposium on Cellular Regulation by Protein Phosphatases. 1998.11.11 ミ 12 (Hiroshima, Japan)

30) 松田達志、芝崎 太、小安重夫:シクロスポリンAとFK506の免疫抑制効果はNF-ATの核移行阻害とJNK、p38経路の活性化阻害の両者によって担われる。第28回日本免疫学会総会、ワ-クショップ「T細胞の活性化と情報伝達」 1998.12.4(神戸)

31) 芝崎 太、Frank McKeon:CalcineurinとNF-ATキナ-ゼによるNF-AT核内移行の死御機構。第21回日本分子生物学会年会、ワ-クショップ「細胞内Ca2+シグナル伝達の分子機構」1998.12.16(横浜)

32) Shibasaki, F., Price, R., Milan, D., and McKeon F.: Intramolecular mechanisms of nuclear shuttling of NF-AT. 第21回日本分子生物学会年会、 ( Poster session ) 1998.12.18(横浜)

ページトップへ